今日のテーマは、オンライン面接・ビジネスの最初の面談で、相手から良い印象を持たれるための準備の始め方についてです。

講師はテレビのアナウンサー歴20年以上、現役で企業の面接の採用の仕方、面接を受ける側にも、教えている福村多美子先生です。

本日は【オンライン面接・面談】の基礎講座、今回は2回目です。

1回目はこちらをご覧ください。

>> 第1回目「オンライン面接・ビジネス面談の始め方」

なぜ、オンライン面接などのビジネス初対面で、準備が必要でしょうか?

なぜ面接やビジネスに準備が必要か 

ビジネスでこれだけオンラインが増えてきますと、分母が増えた分いろいろな機会があると思います。

だからといって、時間を無駄にして落ちているようでは非常にもったいないです。

いち早く合格して、すぐビジネスにつなげていってほしいと思っています。

久家さん リモートワーカーが増えていますが、面接1回に受かるか落ちるかで毎月20万円。

年間240万円。3年で700万円以上変わるのは大きな違いだと思います。

個人でビジネス始めた方、初対面で相手に嫌われて売上が上がらないと大きな差になるので、準備をすることはかなり大切だと思います。 準備していない場合にどんな問題がありますか?

タミ―さん 例えばよくあるのが、オンライン上でのハプニング。音が出ていなくて「聞こえません」などです。

画面が落ちたという話も聞きます。

あとは私がクスッと笑ってしまったのが、ある方が映っていて、その背景に洗濯物がかかっていました。

楽しい人だろうとは思いましたが、教える内容とリンクしなくて残念に思ったことがあります。

久家さん もったいないですね。

今オンラインで国内、海外で50人以上の方がうちで働いてくださっています。

うちの会社を受けたいという方を面接したとき、相手の方が車で入られて。

「どうしましたか?」と聞いたら、たまたま親戚の家に来る機会があったそうです。 それはいいけど、本当に仕事が欲しくてしたいのであれば、その日は避けたいですね。予約を避けても全然問題ないと思います。

なぜなら仕事のスキルはあるのに、そんなことで仕事を落とされたらせっかくの機会をふいにしてしまいます。

ではオンライン上での準備のポイントを教えてもらっていいですか?

オンライン面接の準備のポイントその1

タミ―さん はい。具体的な準備ポイントの1つ目。ネット環境の準備はOKでしょうか?

wi-fiを使っていたりしますよね。LANケーブル、有線のほうがベストですが、そうはいかなかったとしてもwi-fiが届くところなのか。

たまにマンションで届きにくい時間帯、切れやすい時間帯があるようです。

チェックもしていただきたいです。

あとは気づかないのがルーターです。

wi-fi のルーターの容量が大きいのと小さいのがあるそうで。たくさんネット繋がっていますので、ルーターの容量もしっかり確認してください。

オンライン面接の準備のポイントその2

タミ―さん 2つ目。パソコンの機能そのもの。ノートパソコンを別の場所で使っていて「電源切れてしまいました」というのも困ります。

だから、しっかり電源が入っているかどうか。それから音もです。

パソコン通知になっていると「チロリンチロリン」と音が入って気にする人がいらっしゃいます。 

設定を切るといいですね。

音を切ると聞こえなくなってしまうので、通知をオフにしておくことがポイントです。

それからツールはOKかどうかの確認です。

ZOOMなど、今いろいろなツールがあります。面談のときに設定できているかどうか確認します。

オンラインツールのとき、例えばプロフィールの写真も気を使って欲しいと思います。

犬の写真だと、ご本人に仕事する気あるのかな?と思われるともったいないと感じますので、本人の写真がいいと思います。

それからカメラの場所も大切です。カメラはOKかどうかです。

写っているカメラが目の高さにあるとベストです。

下から撮ると、どうしても煽って撮るので相手に偉そうな印象を与えてしまいます。

目線がカメラの高さになっているか、チェックしてください。

オンライン面接の準備のポイントその3

タミーさん ご自身のカメラの映り方です。

顔がアップだと相手に緊張感を与えるので、バストアップくらいの印象が良いです。

動いても動作が見えますよね。

カメラの高さや距離感も確認しておいてください。

そしてスピーカーのチェックです。

準備不足で「マイクの音が入っていません」とか「スピーカーの音が聞こえないです」とかチャットで入ったりしませんか?

準備不足で、もったいないと感じることがあります。

すぐに、確認できることなので、やっておくべきです。

そして照明。

照明で顔が明るさが変わります。

暗く映ってしまうと本当に残念です。

もったいないです。

逆光も気を付けて下さい。後ろ側に窓があって逆光になり、真っ暗に映っている人がいます。

できたら真正面に照明を置く。デスクにある照明でいいです。

正面から光が顔に当たるようにします。

天井にあるシーリングのある部屋なら、自分の顔に照明があたる位置に持っていったほうがいいです。

照明はテレビの世界でもそうですが、とても大事です。

あとは背景です。

さきほど、生活感がある洗濯物が見えていたと話しましたが、面接のときはすっきり片付けましょう。

壁が理想的ですが、ない場合は片付けて生活感が出ないにようにするのもおすすめです。

洗濯物が干してあり、後ろに飾ってあるものも、相手から見たときに気になります。

「この人こんな趣味がある」とかそこに気が向いて、話に集中できなかった人事の人もいたほどです。

しっかり見てもらうためにも背景はシンプルがいいです。

バーチャル背景も、面接にふさわしい背景を選ぶといいです。

いろいろな背景があって楽しいですし、個性を出すのもいいですが、シンプルにして、色があまりごちゃごちゃしていないほうがおすすめです。

オンライン面接これができれば準備万端

タミ―さん 最後です。面接に必要な書類やカンペとか、メモとか。せっかくオンラインの面接だと手元にいろいろな物が置けますよね。

これは利用すべきだと思っています。

そういった身の周りにちょっとメモを置いておくとか。

そういうことを注意して準備をする。

これだけしっかり準備していけば大丈夫と私は思っています。

久家さん ありがとうございます。とても分かりやすかったです。

 次回は、初対面の面接やビジネスの面談で相手から好印象を持たれる方法です。

 

オンラインで売れるための全てが手に入る!Zoom集客®︎1Dayセミナー体験会

オンラインで売れる、ノウハウ、ツール、ビジネスメンタル®︎

全てが手に入る!

Zoom集客®︎1Dayセミナー体験会

大人気のため、満席の日が続いております。

本気の方はお急ぎください!

お申込みはこちらから!!

▼ ▼ ▼ ▼