今回は、「本を宣伝してしまうとセミナーに来てくれない」

という質問にお答えしていきたいと思います。

 

「Zoom集客の学校」で学び、本を出版した方から、

「自分のセミナーや講座で自分の本を宣伝すると、

『その本で勉強します』と言われてしまいました。

どうしたらいいですか?」

という質問をいただきました。

「本を読むだけで満足し、そこで終わってしまったらどうしよう」

という質問ですが、そういうことは実はありません。

心の中のコップを信頼でいっぱいにする

 

例えば、ある人が「Zoom集客を学びたい」とします。

“まるげん”でも「Zoom集客の学校」という本のPDFを2万人位の人に配っています。

 

なぜなら、

  • 「お客様が求めていることを理解して、
    それを相手が手に入れられる人になり、役に立つ」
  • 「その分野で日本一、世界一良質なコンテンツや商品やサービスを提供し続け、
    そして愛情、思いやりと優しさをもって提供する」
  • 「そして相手が知らないことも伝え、感動するコンテンツを提供」

し続けたら、全員では無いですが、必ず成約すると分かっているからです。

 

ここで1つイメージしてください。

心の中にコップがあります。

心の中にあるコップの中には、情報が入ってきます。

そして情報が溜まっていきます。

いずれ溜まった情報がコップから溢れ出ます。

 

そのとき初めて、その人はセミナー会や説明会に来てくれるのです。

コップの水は情報量だけではなく、あなたに対する信頼です。

 

良質なコンテンツや商品を必要なタイミングで提供する

 

本気で相手の悩みを理解して、相手が聞きたいと思っている話をしたら、
相手は話を聞くはずです。

 

例えば、虫歯が痛くて、しょうがなくなったとします。

歯医者に行くと、歯の根っこを抜くことになりました。

自分の歯や健康に関わることだったら、

まずはちゃんとした情報を集めたいですよね。

色々な情報を集めた結果、ここで初めてあなたは、

  • インプラントがいいのか?  
  • ブリッジがいいのか?  
  • 入れ歯がいいのか?

どの治療が一番自分にとって良い結果になるだろうか?

と本気で悩むわけです。

 

あなたがどうしたら良いのだろうかと悩んでいる時に、

ちゃんとした情報を教えてくれる先生やプロがいたら、

その人の話を聞きたいと思いませんか?

 

あなたが情報を集めている時に、

本やレポートで誠実に思いやりと優しさをもって、

  • 「結論はこうですよ」と分かりやすく教えてくれたり、
  • 「あなたなら、こういうふうにしたほうがいいんじゃないですか?」と教えてくれたりしたら

話を聞きたくなりませんか?

 

もちろん、人によって違うので、

「一度診察させてください。」と言われるかもしれません。

 

しかし、どんな分野であっても、

良質なコンテンツや商品だったら、聞きたくなります。

 

そして、求めるタイミングが合えば必ず話を聞きたくなります。

 

どれだけ歯の治療についての情報が素晴らしくても、

歯が痛くない人にとっては、価値の低い情報なのです。

 

あなたが、良質な商品を思いやりと優しさを持って提供していたら、

必ず興味を持った方が現れるはずです。

 

まとめ

今回は、「本を宣伝すると、セミナーや説明会に来てくれないのでは?」

という質問にお答えしました。

 

自分で本を出している方の中に、

「本を勧めるとセミナーに来てくれません」

という人がいます。

 

しかし、私は逆に、もどんどん読んでもらった方が良いと思います。

すぐにはセミナーには来てくれないかもしれませんが、人にはタイミングがあります。

 

あなたの出した本を読んで本当に内容が良いと感じ、

あなたを信頼し始めたら、いずれ心の中のコップから信頼が溢れてきます。

 

信頼が溢れてくれば、その人はセミナーや説明会に来てくれます。

思いやりと優しさを持って、あなたの良質なコンテンツを提供してきましょう。

タイミングの合う人が、必ずあなたの商品に興味を持ってくださるはずです。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。