今日は2020年7月1日、電気自動車のテスラという会社がトヨタの時価総額を抜いたという話をしてまいります。

世界一価値の高い自動車メーカーになったテスラ、時価総額が1900億ドルです。

トヨタの1823億ドルを抜きました。

そこで、

  • オンライン売上見込み1兆円!電気自動車3日で20万台予約申し込みが入った理由
  • 今後10年で「なくなっていく仕事」
  • 今後10年で「伸びていく仕事」

についてお話していきます。

この動画を見れば「技術革新を自然に味方にする」具体的な内容が分かります。

逆に動画を最後まで見ないと知らず知らずに技術革新、テクノロジーの進化を敵に回して仕事がなくなっている。なんてこともあるので、最後までご覧ください。

テスラの「自動更新」機能

自動車メーカーのテスラで売っているものは電気自動車です。

テスラの車はほかの追随を許さない特徴があります。

そのひとつはソフトの自動更新です。

このソフトは車のソフトですが、例えばパソコンを使ってたら「更新しますか?」という案内がきますよね。

Microsoft officeの機能追加や、Zoomというオンライン会議なら仮想背景の前で自分が話せたりして、どんどん新しい機能が更新されていきます。

ちょっとマニアックな機能ですが「車の自動更新で何ができるか?」とひと言でいうと加速が速くなったりします。

5年前に買った車を持っていたら、ソフトを更新してダウンロードすると、スピードが上がります。

今までガソリンのエンジンだったら、性能を更新するなんてできなかったですよね。

テスラは電気自動車だから、スピードを上げることができます。

ちょっと信じられないですが、もっと驚くことがあります。

例えば、雨の日に駐車場まで、50m歩かなければいけないとします。

そんなとき自動更新をしていると、車が無人で目の前までやってきてくれます。

5年前はなかった機能ですが、今は車が自動運転で自分の前までやってきます。

車を呼ぶと、自動運転で車がきてくれる、昔あったナイトライダーという映画のようなことが現実に起こっているのです。

そんな感動する体験ができるということです。

ネット注文ができるテスラの車

テスラの車がすごいのは、ネットで注文できることです。

テスラはもともと1000万円以上のですが、どんどん値段が下がっています。

最近はサイバートラックといって、2019年11月にはネットで申し込みできるようになりました。

申し込みができるようになってから、たった3日で20万台の予約が入りました。

どんなふうに注文が入るか、ちょっと見てみましょう。

「サイバートラック」をgoogleで検索してみましょう。

テスラのホームページの画面に行くと、「今すぐ注文」という案内が出てきます。

クリックすると「本日必要なお支払いは1万5000円」と出てきて予約ができるのです。

そして「今すぐ購入」を押すと自分の名前、メールアドレス、電話番号を入れて注文が完了します。

ほんの少しの手順を踏むだけで、簡単に注文ができます。

営業マンもディーラーもいりません。

すごい時代がきたと思いませんか?

営業のコストが不要になれば、利益が上がる

営業マンがいらなくなって、何がすごいと思いますか?

営業マンが要らなくなったことで、テスラはものすごいコスト削減ができました。

人件費以外にも削減ができています。

今まで、日本の会社、トヨタも日産など、ほとんどの会社がディーラーといって、車の代理店販売をしていました。

営業マン、代理店に車をおろせば、そこで買ってもらえるので資金回収のリスクはありません。

でも、ネット販売をしているテスラは営業マンがいません。

ディーラーも必要ありません。

その結果、中間マージンがなくなりました。

コスト削減で価格が下がる

ホームページで告知すれば20万台が3日で売れました。どれくらいの金額か?

いちばん安いので430万です。

430万×20万台はいくらですか?

ものすごい勢いで売れてるだけでなく、ディーラーが消え、中間マージンがなくなりました。

コストの削減ができるので、自動車の価格を下げることができます。

17年前は1000万円で販売していました。

普通の人はちょっと買えないです。

でも今のサイバートラックは430万です。

ちょっと裕福な一般サラリーマンの方、経営者の方なら買えます。

買う時に選択肢に入るということです。

なぜ選択肢に入ったかというと、オンライン注文で営業マンのコストがなくなり、価格が430万円まで下がったからです。

3日で20万台の車を受注ができるから価格を下げることができます。

すごい時代ですよね。

長年、営業の現場にいる人間から見ても、恐ろしいです。

テスラを見ていると背筋が寒さを感じます。

400万円以上の商品がネットで売れる時代

10年後、営業マンは不要になるのではないでしょうか

オンライン、ホームページで400万のモノが売れています。

今は家も売れています。

そんな時代になったらどうなるでしょう?

過去に目を向けてみると、この25年間の営業と言えば、営業の第一世代はリアルの営業です。

飛び込み営業で経営者のところに行って、名刺交換をして話を聞いて待っていました。

なかにはバーター取引みたいなものがあって「紹介するから、紹介してよ」というのもありました。

だけど1ヶ月の売り上げは、たいしたことがありません。

第二世代になった時、電話営業になりました。

リアル営業で東京に住んでいたら、東京の人しかお客さんにならないです。

しかし、電話営業だと東京に住んでいても、日本全国の人がお客さんにできます。

第3世代はオンライン営業になりました。

オンライン営業では、Zoomを使って「1対10」「1対100」のセミナーをやって販売できます。

売り上げがどれくらい変わったかというと25年前、リアルの対面営業をやっていた時は、月の売り上げはゼロか100万円でした。

電話営業になったら、日本全国にお客様ができたので1000万円になりました。

では、オンライン営業になったらどうなったでしょうか?

乗り物を変える

今はZoom集客というオンラインの学校をやっていますが、毎月1億円の売り上げが上がります。

1か月だけでなく毎月1億円の売り上げが上がります。1年間で12億円です。

なぜそんなに変わるのでしょうか?

何を変えたのでしょうか?

乗り物を変えました。

リアル営業は、東京から福岡に歩いて行ってるようなものです。

電話営業は、新幹線に乗り換えたようなものです。

新幹線なら7時間でいけます。

乗り物を変えて新幹線に乗った方が断然早いです。

「乗り物を変える」ことこそが、技術革新を味方にするということです。

電話では1対1でしか話せなかったのが、Zoomなら1対10、1対100で話せるので売り上げが1億円を超えます。

オンライン営業は、飛行機に乗るようなものです。

1時間半で福岡行けます。

あなたが今、乗っている乗り物を変えましょう。

もちろん、乗り物に乗るための技術は必要なので、学ぶ必要があります。

乗り物を変え、リアル、電話、オンラインに変えたら売り上げも上がった

25年前、社会人教育教材を販売し始めたときは、100万円単価の教材を売っていましたが、売れませんでした。

売れても100万円です。

それでも、歩合給が20%なので、100万円の商品が売れても20万円しかありません。

18か月売れなかったとき、電話営業を知りました。

そして、乗り物を変える重要性に気付きました。

何で気付いたか?

電話営業で、いちばん売っている会社はどこなのかを調べて、その会社の朝礼に出させてもらいました。

すると、自分よりも10歳も年下の女の子たちが、電話で毎月1000万円の売上を上げていたのです。

同じ教材を売っても、“100万円しか売れなかった”一方で、“1000万円売っている”人達もいました。

ここで、売れる仕組みがあれば誰でも売れるんだ。と気付きました。

その会社に入って、売れる仕組みを使っていくと、売り上げが400万円、800万円、1000万円、と上がりました。

毎月の売り上げが1000万円を超え、1000万円を切ることがなくなりました。

1000万、2000万が毎月です。

乗り物を変えると売れるんだ。と気付きました。

誰にでも「売れる仕組み」があればできる

商品を18か月、売ることができなかったので、売り方が分かればどうやったら売れるか、よく見えます。

年間を通して、対面営業から入ったグループでは、日本一の売り上げを上げるようになって、その後、マネージャーや営業部長、営業本部長でも、17回マネージャーとして人に教えて日本一になりました。

こういう話をすると「あなただからできたんでしょう?」とみんないいますが、まったく違います。

売れる仕組み、やり方があれば誰でもできます。

だからリアル営業から電話営業になり、売れる仕組みを作るだけで10倍になり、Zoomにしたら毎月1億上がります。

そういう仕組みを知れば、誰でもできるんです。

実際、売り上げが低迷している支店の再建を、ずっとやってきました。

7人の営業で、毎月の売り上げが700万だったところに売れる仕組みを導入し、あっという間に毎月4900万上がるようになりました。

1年後には毎月1億上がるようになりました。

さらに、今度は大阪支店、仙台支店、札幌支店、東京本社と同じやり方を導入していったら、年商5憶の売り上げが25億になりました。

これ位、ものすごい勢いで売り上げが伸びていったんです。

その後、120億企業の営業本部長をやっていました。

そして、売れる仕組みを創るマーケティングの責任者、マーケティング部長も担当していました。

実際に、あなたにお伝えしたいのは「リアル営業、名刺交換、飛び込み、バーター取引をやっている方は”売れる仕組み”があったら電話営業で売り上げ10倍になる」と言うことです。

さらに、オンライン営業だったら、もっと売り上げが伸びます。

実際に、「Zoom集客の学校」の受講生で、2020年6月にゼロから始めた「85人中65人」が30万円、50万円、100万円の売り上げを1か月以内に上げています。

いちばん上げた人は、ゼロからスタートして1400万円上げています。いちばん上がらなかった人でも7万円です。

ぜひこういったやり方を学んでいただければと思います。

まとめ

テスラが時価総額でトヨタを抜いたのは、オンライン販売をしたからです。

その結果、コスト削減ができ、価格が下がりました。

多くの注文が入るようになり、ドンドン売り上げを上げました。

このように、今までのようにリアルだけで販売するのではなく、オンラインを使えば売り上げを上げることができます。

例えば、リアル営業が月100万円のところ、電話営業になったら10倍の1000万円になり、オンライン営業になったらセミナーセールスで1億円売り上げています。という話です。

乗り物を変えましょう。

ぜひあなたもやってみてください。