今日のテーマは50代の会社員が副業から始めて、最短で成功する秘訣です。

副業を始めたいけど、

・何をどうしたらいいかわからない

・50代になって資格や知識はあるけど、それらを活かして1円にもなっていない

という経験はありませんか?

知識や経験を学ぶことはできても、実際にビジネスとして収入を得る経験ができないのでスキルが身につかないなんていう方が多くいます。

この記事を読めば、

  • 副業を始める時にしてはいけないこと
  • 副業で成功するためのポイント
  • 副業を選ぶ時の3つのステップ

が学べます。

私自身は、50代会社員時代に副業で始めたオンラインビジネスで、1年目から年収1000万円を稼ぎ、そして3年目の今は営業利益で数億円を生み出すIT企業を含む2社を無借金でオーナー経営しています。

パソコン1台で、好きな時に、好きな場所で、オンラインで自由に仕事ができるライフスタイルが築き上げられています。

では、なぜ今50代から副業が必要なのか?というお話をしていきたいと思います。

副業が認められる時代に変化

今、給料が上がらないとか、給料が下がったと会社員の方からよく聞きます。

日本ではリーマンショックの時代、2008年から給料の平均は400万円位で、上がっていないです。

実は2008年から給料の平均が上がっていないというのは、世界の先進国で日本だけです。

それだけではなくて、今回コロナが2020年に起こって、コロナ一色の年になりました。

例えばANAが、コロナの時代に国内の営業成績だけでも95%減となり、3000億円の巨額の赤字を2021年3月期に計上するのではと言われています。

これはANAの経営が悪かったわけでは無く、コロナという不慮の事態のせいです。

そんな事態の中、ANAは会社員などの給料3割減を打ち出しています。

パイロットだと平均年収2000万円といわれていますが、1400万円なら生活できます。

ただ客室乗務員の方や事務の方など、400万円から550万円くらいの年収の方だと話が変わります。

例えば、500万円から3割減ったら350万円です。

そして事務の方は、400万円の年収が3割減ったら280万円になります。

そんなレベルになると、「これはしょうがなかった」では、すまない家庭が出てくるわけです。

なぜかというと家族がいたり、住宅ローンがあったり、車のローンがあると大変になるということです。

だから今のうちから、給料が上がらなくなったとか、辛くなる可能性がある会社員の方が、副業でビジネスを始めるというのは、すごく良い選択だと思います。

実際ANAもそうですが、色々な企業が副業を解禁しています。

もっと驚くのは、みずほ銀行でも副業解禁になっています。

50代になって世の中の環境が変わってしまい、副業が解禁になっているところ、なっていないところもあると思いますが、自分の力で収入を得る仕組みを作ることをおすすめします。

今、個人がオンラインビジネスで最短で収入を得られる時代が来ています。

実は昔、副業、ネットビジネスというと、どちらかというと怪しいというか、難しいと言うイメージがありました。

普通の会社員がやるにはアフィリエイトはちょっと難しいとか、投資をやっても大きなお金、元手が必要だったり、FXで損をした、という話を聞きます

昔と違い、今の時代の副業は、今あなたがやっている仕事の延長線上でできる副業がほとんどです。

例えば事務、経理をやっている会社員の方は、事務や経理の技術や経験を役に立てて副業する方法もあります。

そして忙しい会社員でもパソコン1台で好きな時に、好きな場所で、隙間時間に収入を得られます。

なぜかというと、カフェなどにパソコンを持っていって、wi-fiで繋がることができればオンラインでビジネスができるのです。

他の会社の経理を担当したり、事務を担当したり出来ますし、他にも動画を編集できる方は動画を編集したり出来ます。

コピーライティングという、文章で集客する技術を学んで、集客ができることで普通に収入が3万円、5万円、10万円と上がってきます。

副業をしている人の中には、会社員時代から副業で20万円、30万円稼ぐ人も多くいます。

では、50代の会社員が副業でやってはダメなことはどんなことがあるでしょうか?

コチラの記事もご参照下さい。

なぜ、50代で会社員が副業を始めたのか

50代の会社員が副業でやってはダメなこと

50代の会社員が副業でビジネスをする時にやってはダメなことは3つあります。

副業でやってはダメなこと①:時間が掛かる副業

1つ目は、時間が掛かる副業です。

時間がかかる副業はどういうものかというと、アフィリエイトブログ等の宣伝です。

自分のブログで他の会社の商品を紹介して、収入を得るという方法なのですが、意外に時間が掛かります。

半年ぐらい掛かるので、まずは収入が簡単に得られるものから入ったほうがいいです。

それは何かというと、あなたが今までやってきた仕事の延長線上にあります。

副業でやってはダメなこと②:お金が掛かる副業

2つ目は、お金が掛かる副業です。

お金がかかる副業というのは何かというと投資です。

もちろん貯金があるとか、投資をした後に、安定して収入が入ってくると分かっているのなら、不動産投資もいいでしょう。

ただ、マネーマシンを作るとか、株式投資で年間400万円の収入を得て、後は働かずに自由に生きるというのも、もちろんあります。

しかし、そのためには1億2000万円近い金融資産がある方ならできますが、普通の会社員はそんなにお金を持っていないですよね。

お金がないときはお金使わずお金を稼ぐ。

お金を使わず、お金を稼げる副業いくらでもありますので、このあとの動画を楽しみにしてください。

副業でやってはダメなこと③:バレる副業

3つ目は、バレる副業です。

もちろん、会社員で副業もいいよっていう人は問題がないので、堂々とやってください。

ただ妬まれるのが嫌だとか、バレるのが嫌だという方は注意して下さい。

副業がばれるのは税金です。

副業をちゃんとしたやり方で始めると稼げます。

そして住民税、年末調整を自分でチェックするだけです。

自分で払っていれば会社にバレることもないし、人にバレることもあまりないです。

私は受講生が4,000人近くいますが、バレたというのを1回も聞いたことがないです。

それでもばれてしまうことがあります。

一番多いのは副業で毎月100万とか稼ぎ始めて、それを人に自慢してしまうことです。

それでバレる人はいます。これは自己責任ですね。

最短で成功する3つのポイント

50代の会社員が副業を始めて、ビジネスとして最短で成功する3つのポイントお話します。

最短で成功する3つのポイント①:スキルが身に付く副業から始める

1つ目は、スキルが身に付く副業から始めるということです。

例えばコピーライティング、文章を学んでいる人だったら、集客できる文章がどんどん上手くなっていったら、収入は絶対上がってきます。

動画の編集も今youtubeがものすごく人気があるので、動画の編集がちゃんとできるようにやったら、収入は上がります。

さらに、ここでいう“スキルが身に付く”というのは、動画の編集だけじゃなくて、その前後のスキルが身につくことですね。

動画の編集ができるだけだったら下請けです。

「動画の編集してよ」と言われて1本3,000円とか、5,000円です。

ただ、お客さんを集客できる技術まで学んでいると、普通に動画編集ができて集客までできると月の収入が30万円、50万円と上がってきます。

それだけでなく、お金をかけずに動画で集客できるコンサルスキルを身につけることができたとします。

そうすると、コンサルティングができるので、今度は30万だけじゃなくて50万円、100万円とあがります。
なぜなら、会社を相手にしたコンサルができるからです。

だから、スキルを身に付ける副業を50代の方は始めてください。

50代になって、先が見えてくると、どこかでいずれ自分でビジネスをやることになると思います。

そんな時に、スキルを身につけていたら後で困らないです。

どんどん安定して収入が得られるので、会社員時代よりも楽しくなります。

最短で成功する3つのポイント②:資産になる副業をする

2つ目は、資産になる副業をやってください。

資産になる副業をする、というのは副業をやり始めたときに付き合う人、お客様との信頼関係を作ることです。

一緒に仕事をする人から信頼されることです。

一緒に仕事をする人から信頼されると、またあなたに依頼がきますので、その資産になる副業をしましょう。

もちろん、顧客ができたら顧客のリスト、見込み客リストはメールやLINEが資産になり、文章を書いている人は、その文章、ブログなどが資産になります。

最短で成功する3つのポイント③:成長できる副業をする

3つ目は、成長がある副業をすることです。

始めはサポートや経理を代行していても、次の段階で成長できる副業をしましょう。

例えば、集客が学べる、セールスが学べる、売れる仕組みが学べる、等の成長がある副業やっていくといいです。

大事なのは経営能力です。

収入、利益を生む能力が経営能力ですから、どうやったら利益を生めるか考えましょう。

利益を生む方法は2つしかないです。

売り上げを上げるか、コストを下げるか、この2つです。

そこが学べる副業をしてください。

 

コチラの記事もご参照下さい

【リストラ会社員】副業で100万円を稼ぐ5つの手法(3年で利益数億円!IT企業2社オーナー)が解説

50代の会社員が副業を始めるオススメのビジネス、3ステップ

50代の会社員が副業でビジネスを始めるオススメの3ステップがあります。

副業を始めるオススメステップ①:サポート型ビジネス

1つ目、サポート型ビジネスから始めてください。

なぜなら、あなたが会社員で10年20年やってきた経理等の知識や経験をもっているなら、その能力でオンラインで仕事をして欲しい人はいっぱいいます。

動画編集やコピー文章ができる方も、そこから始めるのがオススメです。

副業を始めるオススメステップ②:コーチ・コンサル型ビジネス

2つ目、コーチ・コンサル型ビジネスです。

2段階目では、あなたの知識と経験で、相手の悩みを理解して、それを解決します。

オンライン、Zoomを使って、あなたが持っている知識と経験で、「相手が求めていることを本当に深く理解して、それを相手が手に入れられる人になる」役に立ってください。

ここまでいくとだいたい安定して30万円、50万円、100万円得られるような技術が身に付いてきます。

副業を始めるオススメステップ③:ビジネスオーナー型ビジネス

3番目の段階でビジネスオーナー型ビジネスになります。

もちろん経営者になるとか投資家になるとか、始めからここをゴールとして設定するのはいいです。

しかし、投資家はお金がかかるし、オーナー経営者になるといっても、うまくいかないときもあります。

ですから、まずはお金をかけずにお金を稼ぐというところから、始めていってください。

コチラの記事もご参照下さい

【50代からの副業 1】オンラインで副業ビジネスを始める3STEP

最後に

今回の記事で大切なポイントは何か?というと、できることから始めるということです。

あなたが今やっている仕事の延長線上から副業、ビジネスを始めてください。

〜〜 ここまで 〜〜

あなたが今やっている仕事の延長線上から副業、ビジネスを学べる『Zoom集客の学校』。

『Zoom集客の学校』は、本質と原理原則を実学で学べる「実践」「体験」型のオンラインスクールです!

まずは、Zoomセミナーに参加して、

  • あなたに何が足りないのか?
  • あなたのどこが間違っていたのか?

を体験してくださいね。

『Zoom集客の学校』1Day体験セミナー

連日満席が続いております!!

お申し込みは今すぐこちらから

(通常10000円→新春割3000円)

▼ ▼ ▼ ▼