【料理教室主宰・料理研究家】の幸子さんは、コロナ禍により、対面での教室が開催できなくなくなり収入がゼロになりました。

リアルで料理教室を開催していた時は体がちぎれるぐらい仕事をしていたのに、ほとんど利益が残りませんでした。

『Zoom集客®の学校』で学び売上558万円達成しました!

オンランなので、ほぼ利益です。

さらに、『Zoom集客®の学校』の広告運用で練習して、広告から集客してLINEの見込み客リストも765人に増えました。

集客に悩まず売上を上げれるようになり、時間に余裕ができて親孝行もできるようになりました。

幸子さんがどのように成長を遂げ、何を学び、どのように自身のビジネスを進化させたのかを深掘りしてインタビューしました。

料理教室主宰・料理研究家

佐山幸子さん

※個人差があります。効果を保証するものではありません。

[no_toc]

どのようなお仕事をされていますか?

料理教室を主催しています。

『Zoom集客®の学校』に入る前は、何が一番の悩みでしたか?

コロナ禍により、対面での教室が開催できなくなったことが一番の悩みでした。

さらに運営していた料理教室も薄利多売で安く設定していたので、「料理教室を続けられるかどうか」が不安でした。

そのため、オンラインでZoomを使えばレッスンだけでもできると思い、『Zoom集客®の学校』に興味を持ちました。

『Zoom集客®の学校』に入って売上は合計でどのぐらい上がりましたか?

売上は558万円です。

自分でもびっくりです。

私の以前の料理教室のやり方では、これほどの売上は上げられなかったです。

料理教室は月1人あたり8,000円で教えていました。

しかも教室は、東京と名古屋で主催していたので、往復の交通費や会場費がかなりかかっていました。

料理教室を続けることが精一杯ということで、利益は人に言えないくらいでした。

しかし、オンラインなら新幹線代や場所代の心配がなく、経費はZoomの月2,000円ぐらいと、他には材料費だけです。

オンラインで収入を得られるようになった時、何が良かったと感じましたか?

移動の必要がなくなったことと、受講生が日本だけでなく海外にもつながったことが良かったと感じます。

たまたま海外に行くことになった受講生も、継続して教えることができました。

『Zoom集客®の学校』に入って何が一番良かったと感じますか?

「相手が求めていることを理解して、それを正当に手に入れられる人になる役に立つ」

というコンセプトの考え方を通して気づきが得られたことです。

コンセプトの考え方にはビックリです。

今までは自分の料理を紹介して、それに興味を持った人が来てくれることが当然だと思っていたので、苦しくなるばっかりでした。

料理の本も出されている有名な先生なのに収入的には厳しかったのですか?

本の執筆と発売までには半年ほどかかります。

その間、執筆作業にも時間がかかりますが、料理教室を止めるわけにはいきません。

メッチャメッチャ忙しかったんですね。

さらに印税もそれほど多くは見込めませんでした。

テレビにも出演したことがありましたが、当時は東京と名古屋を行ったり来たり、体がちぎれるぐらい仕事をしていました。

それだけ働いても、利益が出なくて悩みはつきませんでした。

『Zoom集客®の学校』は、他の塾で学んだことと何が違って良かったのでしょうか?

目の前のお客様の困っていることを解決する商品を作れるようになったことです。

そして、喜ばれるようになりました。

お客様のご要望に合わせて、商品を作り替えていきました。

お客様は、どのようなことで一番喜んでくれましたか?

喜んでくれた方は大学の先生 です。

自分の研究してきたことを発表するのが使命と思っているので 、そこでなんかいろいろ食い違いがあることに悩まれていました。

その先生の研究のテーマは、薬膳についてです。

夢は台湾で仕事をし、自身の本を出版することでした。

そこで、私は「出版社や編集者が求めているかを企画にすると良いよ」とアドバイスしました。

それを実行した結果、出版することが叶ったのです。

夢が一つ一つ叶っていると喜ばれました。

また、「料理についての自分なりの考え方を作っていくと良いよ」とも伝えました。

それが役立ったようで、今では自身のアイデアが無限に出てくるようになったと言っておられ、それを聞いて私もとても喜んでいます。

オンラインで利益を上げられるようになったことで、具体的にどのような良い変化がありましたか?

まず、この仕事を続けていけるという自信がつきました。

また、忙しい、忙しいと親と過ごす時間が取れなかったので、親孝行ができるようになりました。

そして、広告から顧客リストを取得できるようになったことで、不安要素がなくなりました。

LINEの見込み客リストも765人に増えました。

広告からも売上が上がっています。

もし『Zoom集客®の学校』で学んでいなかったら、今頃どのような恐れや不安があったと思いますか?

オンラインを全く学んでいなかったら、生活は成り立たないです。

身体がちぎれるほど走り回っていましたから。

『Zoom集客®の学校』の広告運用を実践して良かったことは何ですか?

自分のお金を使って広告を出すのは不安でドキドキです。

不安を消すために疑似体験として、上手くいっている『Zoom集客®の学校』の広告運用して練習ができて良かったと思いました。

こんな体験させてくれるところは、ないのではないでしょうか?

費用対効果が20倍の広告もあります。

久家:何回も起きるだろう問題を前もって体験することで、できるようになっていきますね。

例えば、

  • 審査に通らなかったら、どうやって変えて審査を通していけばいいのか?
  • アカウントが止まったら、その後何をしたらいいのか?

こういうことは代理店になってビジネスを始めてもどうしたらいいのか教えてくれないのです。

一緒にやりながら、教えてもらわないとできるようにならない。

一緒に取り組むから、できるようになっていく。

例えば、少し固めのアボカドを買ってきてぬか漬けをしようと思い、包丁で切って、6時間漬けたときに、もうそれ以上漬けると「少しやばい」それはわかる。

でも、どうやったら美味しく漬けられるのか?

水が出過ぎていないか、そういうのは一緒にやらないとわからなかったりします。

美味しい料理を教えようとしても知識で教えられるのは、2割だと思います。

できるようになるためには、8割は一緒にやるからこそマスターするようになりますよね。

集客、セールスも料理も同じです。

多くの会社は、広告のやり方だけ教えてくれています。

知識で広告を学んでいる人の95%は、できずにあきらめてしまう傾向になりがちです。

実際運用し始めると

  • 赤字になったり
  • 審査に落ちたり
  • アカウントが停止されたり

その時のやり方は一緒についていてもらわないとできないのです。

Zoomを使った広告コースは、どのような人がおすすめだと思いますか?

  • 自分の時間が欲しい人
  • 集客に時間がかかっている人

だれにでも当てはまると思います。

集客に時間がかかっている人は、広告を使って時間を削減できると思います。

何よりも広告を出して朝起きたら勉強会の申し込みが入っているのを目の当たりにすると、まさに自動販売機だなと思います。

驚きです。後は返事をして勉強会をやるだけなので、今まで集客の第一段階でやっていたところが全て自動なのです。

自己投資をするのに悩んでいる人へアドバイスがありましたらお願いします。

加速していく時代なので、

  • 成長を続けていくために
  • 自己価値を高めていくために

自己投資は必要だと思います。

1人ではできないし、こんな経験させてくれるところはないと思います。

『Zoom集客®の学校』は安いと思います。

生活も、働き方も変わりました。

『Zoom集客®の学校』は、メンタルの重要性やビジネスの本質を学べるので、誰にでもおすすめです。

久家:幸子さん、今日はありがとうございました。

【新時代の集客】50代からの起業 20人~40人を繰り返し集客し、最短で売上を上げる秘密を初公開

 

20人~40人を繰り返し集客し、最短で売上を上げる『売れる仕組み』を大公開!
 

売上が上がる秘密は、

  • 売れるキャッチコピー
  • 売れる集客文章

が作れて、

あなたの商品が売れる仕組みがあるからです。

 

20人、30人、40人を繰り返し集客している『売れる仕組み』

「50代起業の教科書」

1dayセミナー&説明会に

参加した方限定で、無料でプレゼントしています。

 

※予告なく無料配布は終了します※

 

お申込みはこちらから↓

 

 

幸子さんも受講しているZoom集客®の学校は、毎日受講生から売上報告があります。

➡ Zoom集客®の学校『今週の売上報告』

 

メンタルの重要性、ビジネスの本質を学べる、Zoom集客®の学校の受講生の評判を知りたい方はこちらの記事もおすすめです。

➡ なぜやばい?日本現実化戦略研究所 久家邦彦さん 評判【真実は?】