※個人の感想です。効果を保証するものではありません。 
なお、当社は、消費者の誤認を防ぐため、講座受講者を対象に本講座の効果に関して調査を実施しています。
調査結果は次のリンクをご参照下さい。
  ↓
https://zoom-shukyaku.com/maru

目が見えない【盲目の学生】私の親はお金がありませんでした…

その上、盲学校で紹介してくれる仕事は、一生懸命1か月働いても1万円ぐらいにしかならない…

絶望の毎日でした!

そんな時、仲間から紹介されて、15歳からマーケティングを学び!

Zoom集客の学校でオンラインで売れる仕組みを学び!3ヶ月で売上500万円達成!

盲目で、どうやってマーケティングを学んだのでしょうか?

この記事や動画を観ることで、

  • 目が見えないのに、どうやってPCで文章を入力しているのか
  • 愛情と優しさのパワーで、売上アップするのか
  • 障がい者でも収入を得られる社会とは!

が、わかります。

もし、自分には出来ない!行動できない!と思っている方は、この動画を観ることで勇気がでます。

彼の言葉の中にある魂・情熱を聞いて頂ければと思います。

【盲目の学生】学んだマーケティングを!Zoom集客の売れる仕組みで3ヶ月で売上500万円にした方法とは?

全盲の大学生起業家

加藤健太郎さん

加藤さんは子どもの頃から目が見えなかったそうですが、なぜマーケティングを学ばれようと思ったんですか?

加藤:私の親はお金がありませんでした…

その上、盲学校で紹介してくれる仕事は、一生懸命1か月働いても1万円ぐらいにしかならない…

私は絶望しました。

15歳の時、「こういう道があるんだよ」と仲間に紹介されて、マーケティングを学んだのがきっかけでした。

オンラインの売れる仕組みをどんなことを学ばれたのですか?

加藤:最初は、リストマーケティング(見込み客の連絡先を集める集客手法)を学びました。

次にプロダクトローンチ(「商品を爆発的に売る手法」)を学び、『動画で何を話すか』『価値提供はどういう意味なのか』を学びました。

その後、広告やオンラインサミット(各ジャンルの専門家が集まって講義をする無料のオンラインイベント)を学びました。

高校生でお金がなかったので、マーケティングスクールや塾でお手伝いをしながら、学ばせていただきました。

学校の勉強はダメだが、マーケティングのことならすらすら分かる!みたいな高校生でした。

目の見えない加藤さんがどのようにして、オンラインでマーケティングを学ばれたのでしょうか?

①リストマーケティング

久家邦彦久家邦彦

【リストマーケティング】とは、【見込み客】見込み客の連絡先を集める集客手法といいます。

※【見込み客】とは、「あなたやあなたの商品に興味があるか、お金を払っても解決したい人」と定義するとします。

加藤さんはリストマーケティングのメールを書かれていたとのことですが、文章を書くのは得意なのでしょうか?

加藤:人の感情を揺り動かす文章は得意です。

目が見えないので、文章を音声で読み上げてくれるパソコンを使って書いています。

iphoneにはスティーブ・ジョブズが「誰でも使えるように」という理念で、文字を音声に変換する機能が標準装備で入っています。

Windowsのパソコンは設定すれば、文字を音声に変換する機能が使用できます。

②プロダクトローンチ

久家邦彦久家邦彦

【プロダクトローンチ】とは、興味がある人の連絡先を集めて、動画で相手の悩みを解決する動画を動画1、動画2、動画3と送って、相手の悩みを解決し、価値を提供して信頼関係を構築します。そして必要な人に必要なタイミングで、セミナー説明会などに来てもらって、商品を販売する仕組みをいいます。加藤さんはプロダクトローンチのどの部分を担当されていたのでしょうか?

加藤:プロダクトローンチやメールの文章を手伝っていました。

2週間くらいホテルに泊まり込んで仕事をしたこともあります。

プロダクトローンチではメールを1ヵ月毎日朝晩で2通送るので、60通書きました。

プロダクトローンチは20件以上見ているので、共通している部分はテキストにして自分でテンプレートを作成しています。お客様のニーズに合わせて書きました。

久家邦彦久家邦彦

私はコピーライティングを「優れたセールスマンを印刷したもの」だと思っています。

文章を書いてリスト先に60通送信すると、例えば1000人のリストがあるなら、1000人に60回セールスしてくれるということですね。

③オンラインサミット

久家邦彦久家邦彦

オンラインサミットとは、各プロに講義を行ってもらう無料のオンラインイベントです。「主催者」になることで、短期間に大量のリストを集めて売り上げを上げていくマーケティング手法です。

オンラインサミットのメリットは、無料で開催できる。主催者として信用ができる。短期間で大量のリストが手に入る。コンテンツが無い人でもできることです。

加藤:オンラインサミットは、一番得意な手法です。

広告費もかからず、10日間で2300の健康系リストを取ったことがあります。

Zoom集客の売れる仕組みで3ヶ月で売上500万円にした方法とは?

両眼が見えなくても、3ヶ月で売上500万円達成!!

オンラインで集客して、売上が上がった本当の理由を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください

続きはこちら!

▼ ▼ ▼ ▼

>>>【盲目の学生を救った言葉】人を動かす集客!3ヶ月で売上500万円達成した理由とは?

どんな時でも明るくすることの素晴らしさ

久家邦彦久家邦彦

加藤さんとお話して、素晴らしいなと思ったことがあります。

下川さんとお会いできて嬉しかったと、加藤さんが言われたことです

「Zoom集客の学校」には、下川さんという講師がいます。

彼女は3人の子育てしていて、お子さんの1人に障がいがあります。

しかし、いつも明るく、輝いて生きています。

加藤:障がいを持っている子を持つお母さんは、暗い人が多いです。

「いつも迷惑かけてすみません」と言われる方が多いのです。

でも、下川さんは明るいですよね。

私もそういう人をスタッフに欲しいと思いました。

下川さんも、もちろんいろんなことがあったと思いますが・・・

久家邦彦久家邦彦

そうですね。実は弊社の面接を受けて1回目はお断りしました。でも彼女がすごいのは、「Zoom集客の学校」に自腹で入ってきて「学びたい」と言ったのです。

「そこまで本気ならやってみたらどう?」と、弊社の仕事もやり始めたのです。

下川さんはすごく加藤さんに似ていて、悩みはあったと思いますが、明るく強い信念を持っている方です。

だけど彼女は3人の子育てをしながら、仕事に行き朝から晩まで働いていました。

現在では、【Zoom集客】を学んで教える先生になり、自宅にいながらパートで働いてたときの何倍も収入が得られるようになりました。

彼女には感謝しかありませんが、辛かったこともあるかと思います。

彼女が自分で選んで自己投資したから、稼げるようになったのです。

愛情と優しさのパワーで、売上アップ!

加藤:100万円以上の商品が売れるようになりました!

実は、今まで40万円の壁が、なかなか突破できなくて悩んでいました。

「収入がガン!」と上がったのは、ここ2週間なんです。

下川さんとお話したら、壁を突破出来たのです。

愛と優しさって、人を前に向かわせるパワーがあるのですね。

勝手に前にいけるんですね、

下川さんは、ひまわりみたいです。

まっすぐに、輝いて生きることを大事にしている方です。

だから、自分も絶対に輝いていこうと思いました。

それが「Zoom集客の学校」に入って、一番良かったことです。

加藤さんは多くの人の希望になると信じている

久家:加藤さんのお話を聞いて、ジョン・F・ケネディ大統領の言葉を思い出しました。

ジョン・F・ケネディ大統領の妹は障がいを持っていました。

自分の妹は障がい者だけど、働いて税金をおさめていたのです。

だから、アメリカでは障がい者にお金を渡して生活を保障する国になるのではなくて、障がい者も自分で実力をつけて、税金をおさめられる国にしたい。

と言われました。

〜〜 ここから 〜〜

ジョン・F・ケネディ大統領は1962年、「私はすべての障害者をタックスペイヤー(納税者)にしたい」という内容の教書を議会に提出しました。

アメリカのジョン・F・ケネディ大統領の教書に、「私はすべての障害者を納税者にしたい」という言葉があります。

ジョン・F・ケネディ大統領は、障害があるから働けない、税金が払えないと決めつけることから差別が始まると彼は考えた。

だから“税金を払う権利”を障害のある人にも持たせるように国家がしないといけない、という意味なんです。

ケネディは、妹のローズマリーさんに知的ハンディがあったので、「障害者は働くことが難しい、ましてやタックスペイヤーになるのは不可能だ、と決めつけることこそが<差別>である」と直感し、「国家が彼らをタックスペイアーにするという強い意思を持たなければならない」と考えたそうです。

そして米国の障害者自身も自立運動の中で、「私たちはタックスペイヤーになる権利がある」という言葉を掲げて、雇用と就労の道を開拓して来ました。

※「すべての障害者を納税者に」竹中 ナミさん

ブログより引用

https://www.prop.or.jp/news/clip/2006/20061006_01.html

〜〜 ここまで 〜〜

私は、加藤さんも下川さんも、他の受講生と同じように接します。

加藤さんにも、「入金大丈夫ですか?」とか、きついことを言います。

なぜかというと、「加藤さんは必ずできる!」と思っているからです。

「本当に君ならできる!」と信じています。

加藤さんは、ハンディキャップに負けず、学んで、人に喜ばれて収入を得ています。

多くの人の希望になると思います。

◆【盲目の学生】を動かしたスティーブジョブスの「言葉の意味」については、こちらもご覧ください。

>>>【盲目の学生】を動かしたスティーブジョブスの「言葉の意味」

加藤さんから皆様へのメッセージ

加藤:人間の人生は、誰でもたった1回です。

そのたった1回の人生はお互いに手を取り合って、人生は愛と愛の共有。

共有とは共に遊ぶです。

共に明るい未来として、遊んでいくのが人生だと思います。

好きな先生が「人生は愛と冒険だよ」と言っています。

その愛と冒険を世界中のすべての人と創り上げていく。

そういう世界を私は創っていきたいと思います。

皆さんと共に創っていきたいと思います。

今後とも、よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーー

加藤さん、今日は本当にありがとうございました!

両目が見えないのに、自己投資して学び続けて売上を上げている!本当に素晴らしいです!!

加藤さんも学んだ「Zoom集客の学校」

7日間でオンラインで30万〜100万円を売上げる!

「7日間Zoom集客満席法」体験セミナー

実践・体験セミナー!

今なら!

通常10000円→特割3000円です。

お申込みはこちらから!

▼ ▼ ▼ ▼