会社倒産まであと半年の状況から「Zoom集客の学校」で学び!

売り上げ1200万円達成!

健康コンサルタント 

宮城県仙台市 佐藤太一さま 39才

『Zoomセミナー集客の学校』に入る前は、どんな事で悩んでいましたか?

宮城県の仙台市で、腸活のサロンを経営しています。

Zoomを知る前は、SEOを主体にしたITのマーケティングの会社を経営しておりました。

腸の健康について、情報配信事業をしていました。

グーグルのアルゴリズムの変更で、SEOが全部ふっとんでしまって…。

店舗経営の腸活サロンが、赤字同然で残ってしまった…

というのが2016年のことです。

当時は、毎月100~200万の赤字でした。

倒産したらスタッフに「どう言おう、どう伝えよう…」と悩んでいました。

WEBの仕事は楽しかったけど、終わるのはあっけないものだと感じていました。

『自分には経営の才能はなかったんだな』と感じていました。

『Zoomセミナー集客の学校』受講後、どんな成果がありましたか?

先月の売り上げは333万円になりました。

現在はLINEの友達を3000人集め、ここ半年の累計の売り上げは1200万円です。

腸活サロンの店舗ビジネスは、宮城県仙台市近辺のお客様へのリーチだけなんですね。

それに「腸活」は非常にふわっとした切り口です。

  • 300円くらいの価値だと感じる人もいれば
  • もっと高額な価値があると感じる人もいる。

人によって感じられる価値の大きさが違うんです。

だから、とにかくリーチ数が必要になりますが、仙台市のみでビジネスをおこなうことに苦戦していました。

Zoom集客を活用することで、多くの人にリーチできるようになりましたね。

ほかのスクールと第21期を迎えた『Zoom集客の学校』の一番の違いはどこにありますか?

サポートの手厚さとサポート人数の多さ、それからコンテンツ量の多さです。

正直、動画の量が多すぎて、すべて見れていないですね(笑)

以前はリアルのセミナー会場を借りていました。

  • 何人来るか?
  • どんなものが必要か?

など考えて、会場や資料を準備していました。

Zoomを使うと、そういう準備を考える必要がなくなることが衝撃でした。

それから久家先生がおっしゃっていた

「困っている人の悩みを知り、それを解決して理解し、役に立つこと。」

という言葉が印象的でしたね。

なぜ、ほかのスクールやコンサルではなく、『Zoom集客の学校』を受講しましたか?

税理士から「会社の余命は半年」といわれました。

自分のお金で補填していく状態で、店舗ビジネスもうまく機能していなかったんです。

だから、あとはオンラインしかないと思っていました…

Zoom集客に出会い、セミナーに参加しました。

『売れるための仕組みに納得し、久家さんにかけてみよう!!』と思ったからです。

もし、この『Zoom集客の学校』の講座を受講してなければ…

2か月前に会社をたたみ、ドラッグストアなどに就職して、働いていたと思います。

『Zoom集客の学校』は、どんな人におすすめだと思いますか?

以前、SEOの金融メディアの仕事をしていたとき、「自分らしくないな…」と思っていました。

だから、やりたいことをやり始めた最初は、お金のことを考えずにやっていたんですね。

でも結局、最後はお金で困ってしまった…。

『Zoom集客の学校』は、人のために本気でやっているのに、サービスの良さが理解してもらえず、うまく利益が出ない人におすすめします。

それと、腸活のように、世の中に新しいことを提案しているのに、新しすぎて認知不足なことがあると思います。

Zoomなら認知されていない状況でも、広くリーチしていけます。

そういった新しい事業をされている人には良いですね。

人の役に立ちたいと思っているのに、お金の面で失敗したとき悲しいですよね。

でも、久家先生の『Zoom集客の学校』では、メンタルに対する考え方を教えてくれます。

もちろん、売れる仕組みを細かく教えてくれます。

コンサルタントが付いてもおかしくないレベルのことが、5個も10個もあり、一から学べるんですね。

安い金額ではないですが、やれば結果が出ます。

ただし自分が儲けたいだけの人は最終的にはうまくいかないと思うので、入らないほうがいいと思います。

「人の役に立てる!」という自信があるなら、やってみても損はないと思います。