今回お話しするのは、Zoomミーティングをしている時の「ミュート」機能についてです。
セミナーや会議をしている時に不要な音が入らないようにするために、必要な機能です。

この記事を読まないと、

  • 「ミュートを解除できない」
  • 「ホストってどんなことが出来るの?」
  • 「参加者をミュートにしたいけどどうやったらいいの?」

なんていう疑問が解消できません。

ミュート機能を自在に扱えるようになり、快適なZoomライフを送っていきましょう!

ミュートとは?

ミュートとは「音を消す」という意味です。

一般的には、パソコンやテレビやスマートフォンなどの音を消す際に使われることが多いです。

Zoomでもミュート機能を使用することによって、自分の側の音を消し、相手に伝わらないようにすることができます。

セミナーや会議などで、話し手の邪魔にならないように、自分の音声をミュートにすることも必要ですね。

Zoom中のミュートの操作方法

まず、最初にあなたがZoomミーティングに参加した時に、ミュートにしたり、ミュートを解除する方法についてお伝えします。

Zoomに参加したら画面の下の方にZoom操作に関するコントロールバー(ミュート、ビデオ、チャットなど)があります。

一番左のマイクのマークが「ミュート」もしくは「ミュート解除」の操作に関するパネルです。

ここをクリックすることで、「ミュート」にしたり、「ミュートの解除」をすることが出来ます。

マイクのマークに赤い斜線が入っている時はミュートになっています。

*ミュート時(クリックしたらミュート解除)

*ミュート解除時(クリックしたらミュート)

スペースキー長押しで一時的なミュート解除

また、ミュート時でも「スペースキー」を長押しすることで、一時的にミュートを解除することができます。

以下の画面が出ている時はミュートが解除になっている状態です。

この機能を使うことで、ミュートを解除した後にミュートにするのを忘れていた!なんていうことも少なくなりますね。

但し、設定画面で、「スペースキーを長押しして、一時的に自分をミュート解除できます」にチェックしておく必要があります。

  1. Zoomの起動画面右上の「歯車マーク」をクリック
  2. 「設定」の「オーディオ」を選び、下の方まで移動します。
  3. 「スペースキーを長押しして、一時的に自分をミュート解除できます」にチェックを入れます。

是非使ってみて下さい。

主催者の時のミュート操作

ミーティングを開いている時に、

  • セミナーなどで、参加者が勝手にミュート解除できないようにしたい
  • 参加者がミュートにするのを忘れていて雑音が入ってしまう

など、ミュートをコントロールしたい時があると思います。

そんな時のために、あなたが主催者(ホスト)として、Zoomミーティングを開催する時、今からお伝えする方法を知っておくと便利です。

ホストが参加者をミュートにする

ホストは参加者のマイクをミュートにすることが出来ます。

ミュートになっていないことに、気付かずに参加している人がいる時に便利ですね。

  1. Zoomミーティング時の下にあるコントロールバーから「参加者」をクリック
  2. 右に出てくる参加者一覧からミュートしたい参加者にカーソルを合わせる
  3. ミュートを選択

一括で参加者をミュートにする

上記したように、ホストは参加者をミュートにすることが出来ます。

参加者が数人であれば先ほどお伝えした方法で、簡単にミュートにできますが、参加者がたくさんいる時に、1人1人をミュートにしていくのは大変ですよね。

Zoomでは、ワンクリックで参加者を一括してミュートにすることができます。

  1. Zoomミーティング時の下にあるコントロールバーから「参加者」をクリック
  2. 右に出てくるバーの一番下にある「すべて」ミュートを選択

これだけで、何人参加者がいても、ワンクリックで参加者全員をミュートにすることが出来るのです。

主催者が参加者にミュート解除の許可を出す

参加者は自分自身のミュートを解除して会話をしたりすることができます。

しかし、参加者が自分勝手にミュートを解除して話し出したりすると主催者は大変です。

そこで、活躍するのが、「主催者が参加者のミュート解除の許可を出す」というシステムです。

このシステムを使うと、参加者は勝手にミュートをオフにすることが出来なくなります。

  1. Zoomミーティング時の下にあるコントロールバーから「参加者」をクリック
  2. 右に出てくるバーの右下にある「・・・」を選択
  3. 「参加者に自分のミュート解除を許可します」にチェック

この動作で、参加者はミュートを解除することができるようになります。

逆にチェックを外すことで参加者は勝手にミュートを解除できなくなります。

ミュート解除を許可していない時に、参加者がミュートを解除しようとしたら次のような画面が現れます。

参加者にミュート解除を要請する

主催者は参加者をミュートにすることはできます。

しかし、主催者が勝手にミュート解除をすることはできません。

参加者の側のプライバシーも守られています。

つまり、主催者が参加者の話を聞きたい時でも、参加者が自らミュートを解除しないといけないのです。

主催者が参加者の話を聞きたい!という時は、ミュート解除を要請することになります。

ミュート解除の要請をする時は、

  1. Zoomミーティング時の下にあるコントロールバーから「参加者」をクリック
  2. 右に出てくる参加者一覧からミュートを解除して欲しい参加者にカーソルを合わせる
  3. 「ミュートの解除を求める」を選択

また、ミュートを一括でできるように、「ミュート解除」の依頼も一括でできます。

  1. Zoomミーティングの時に下に現れるバーから「参加者」をクリック
  2. 右に出てくるバーの右下にある「・・・」を選択
  3. 「全員にミュートを解除するように依頼」を選択

ミュート解除を依頼された時、参加者の画面には以下のような表示が出ます。

参加者が参加した時に自動でミュートにする

参加者が参加した時に、一人ずつミュートにしていくのは大変ですよね。

もしくは、セミナーやミーティングの途中に参加してきた人が大きい音を出して参加してきたら、せっかくのミーティングが台無しになってしまいますよね。

そんな時に便利な機能がZoomにはあるのです。

参加者がZoomミーティングに入室したときに自動でミュートにする設定は、

  1. Zoomミーティング時の下にあるコントロールバーから「参加者」をクリック
  2. 右に出てくるバーの右下にある「・・・」を選択
  3. 「入室時に参加者をミュートにする」を選択

参加者としてZoomに参加する時は?

ここまではホストの立場でのミュート機能についてお話ししてきました。

ここからは参加者の立場でのミュート機能についてです。

自分のミュートは自分で解除しないといけない

あなたが参加者としてZoomに参加する時、自分でミュートをしないと相手に声は届きません。
「〇〇さん。話せますか?」と聞かれた時に、スムーズにミュートを解除できるようになっておきましょうね。

自分が参加する時に自動でミュートになる設定

もし、自分がZoomミーティングに「外出先の雑音が大きい場所から参加しないといけない」という時、しかも途中から参加する。

なんていう時があるかもしれません。

そんな時、雑音が入ってしまってはいけないですよね。

Zoomに参加する際に自動でミュートになるように設定することもできます。

この設定をすることで、静かに参加することができます。

  1. Zoomの起動画面右上の「歯車マーク」をクリック
  2. 「設定」の「オーディオ」を選び、下の方まで移動します。
  3. 「ミーティングの参加時にマイクをミュートに設定」にチェック


この手順で、あなたがミーティングに参加したときに、自動でミュートになります。

ミュートの解除ができない

あなたが参加者としてZoomに参加した時、ミュートを解除しようとしても解除できないことがあります。

そのような時は、主催者の側が「参加者が自分でミュートを解除できない」設定にしているかもしれません。

もし、どうしても話さないといけない、等の時はチャット機能を使って要請しましょう。

 

ミュート解除をしても音声が聞こえない時

もし、あなたがZoomを使っていて、ミュートを解除したのに自分の声が相手に聞こえていない、もしくは相手の声が聞こえないという時は、何らかの設定を修正したりすることで声が聞こえるようになるかもしれません。

このような、音声が聞こえないというトラブルには以下の記事がおすすめです。

>>ZOOMで「音声が聞こえない・音が出ない」トラブルの対処法

 

■2020年版Zoom(在宅ワークWEB会議システム)使い方はこちらから

>>2020年版Zoom使い方③『Zoomで相手の声が聞こえない』

◼︎こちらの記事もおすすめです

>>【ZOOMのPC・スマホでの使い方【初心者から、ビジネス利用の応用まとめ】