コロナウィルスの影響で、リアルセミナーや研修が中止となった、セミナー講師や研修主催者は多いかと思います。

  • セミナーや研修を中止となった方
  • リアルセミナー自粛しているので、売り上げが激減している方
  • リアルセミナーからオンラインZoomセミナーに置き換えたい方
  • 日本全国からお客様を集め、売り上げを繰り返し何度でも上げたい方

など、リアルセミナーからオンラインセミナーに、移行せざるを得ないと痛感しているのではないでしょうか?

今回は、「オンラインセミナー(Zoomセミナー)を開催する時に、やってはダメな3つのこと」についてお話してまいりたいと思います

この3つのことを知らないで、リアルのセミナー会場でやってたセミナー講師や研修主催者が、いきなりオンラインでZoomを使ったセミナーをやると必ず失敗します。

ですから、ぜひ最後までご覧下さいね。

オンラインセミナー(Zoomセミナー)を開催する時に行っては3つのダメなこと

「オンラインセミナー(Zoomセミナー)を開催する時に、やってはダメな3つのこと」について、結論からいきます

  1. 共同ホストを作らないで、オンライン(Zoomセミナー)セミナーをやること。
  2. セミナーの内容、つまりセミナーのシナリオを、今まで 通りのリアルセミナーと同じ内容だけをやること。
  3. ハイブリッドのセミナー、つまりリアルセミナーと一緒にオンラインセミナーを同時開催すること。

これらを最初から、オンラインセミナーをやってはいけません。

それでは、1つずつ詳しく説明してまいります。

「共同ホストを作らない」オンラインセミナー(Zoomセミナー)を開催する時にやってはダメなこと①

Zoomでセミナーを行なう場合に、セミナーをやっている講師の他に共同ホストというサポーターが必要になります

この共同ホスト(サポーター)はどんなことをやるかというと、主に次の4つのことです。

  1. 参加者のミュート管理(参加者がミュート(音を消さず)に騒音をたてて参加したら、オンラインセミナーが無しになります。)
  2. セミナー参加者の管理(受講を申し込まれた方を、オンライン(Zoom)セミナーまでご招待すること。)
  3. セミナー参加のルール管理(ルールに反しているセミナー参加者を削除する(退場させる))
  4. アンケートを出す

共同ホストがいなければ、なぜ駄目かというと、セミナー講師がセミナーに集中できないからです。

ですから、セミナーが著しく質が落ちます。

セミナーが著しく質が落ちると、どういう事が起こるのでしょうか。

オンライン(Zoom)セミナー参加者(受講生)は、自宅や会社、外のカフェで参加しています。

セミナーのクオリティが低ければ、参加者はしらけます。

途中で寝ちゃったり、プチって切って退場します。

レベルの低いセミナをオンラインで提供したら、参加者は二度と参加したいと思わなくなります。

ですから、オンライン(Zoom)でセミナーを開催する場合は、共同ホストが必ず必要です。

「リアルセミナーと同じ内容」オンラインセミナー(Zoomセミナー)を開催する時にやってはダメなこと②

二つ目は何かというと、セミナー内容です。

リアルのセミナーや研修で、やらないことをオンラインでは、やらなければならないです。

事前に参加者(受講生)の悩みや目標を理解する

1つ目は、セミナー前に、アンケート等を用いり、参加者(受講生)に参加目的とか、欲しい結果つまりゴールや課題を書いてもらいます。

セミナー主催者やセミナー講師は、事前に参加者(受講生)の悩みや目標を理解していることが大切です。

例えば、リアルのセミナー会場だったら、いきなり参加者(受講生)に向けて話し始めると思います。

これをオンラインセミナーでやったら、オンラインセミナーは失敗します。

なぜならば、参加者(受講生)と掛け合いせずに、一方的に話すことになります。

自宅や会社、外のカフェから参加している参加者(受講生)は、一方的な話を聞いてたら、つまらなくなります。

他の違うことを始めたり、席を立ったり、白けて聞くのをやめてしまいます。

自分から、もう二度とそのセミナー参加しなくなります。

久家邦彦久家邦彦

ですから、まずは参加者(受講生)と、ちゃんと会話をすることが必要になります。

Zoomの使い方を教える

2つ目は、Zoomの使い方を教えることです。

Zoomの使い方がわからない参加者が入ってくると、途中でセミナーを混乱させてしまいます。

ですから、ゼミナー参加に必要な基本的なZoomの使い方を、セミナーのシナリオ(内容)に「Zoomの使い方を教える」というパートが部分がないと、そのセミナーは失敗します。

オンライン(Zoom)セミナーならではのシナリオを作る

3つ目は何かというと、オンラインセミナー(Zoomセミナー)の内容です。

オンラインセミナー(Zoomセミナー)ならではのシナリオがないと、失敗します。

なぜかというと、セミナーに自腹で自己投資している人は前向き学ばれると思います。

ただルールがないと、上手くいきません。

参加者(受講生)が本名ではなくニックネームでZoomに入ってきて、しかも顔出しもしない場合があります。

すると、オンライン(Zoom)の場合では、ニックネームで顔出ししない参加者(受講生)がセミナー途中で白けさすことをするのです。

久家邦彦久家邦彦

これを知らないと大変ですね。白けさせた参加者(受講生)が他の参加者を巻き込んでしまい、そのオンラインセミナーが全く盛り上がらなくなります。
せっかく集客したり、広告費をかけても、オンライン(Zoom)セミナーならではのシナリオを作らないと失敗するのです。

「ハイブリッドのセミナーをする」オンラインセミナー(Zoomセミナー)を開催する時にやってはダメなこと③

そして3つ目のやってはいけないことは、ハイブリッドのセミナー(リアルセミナーと一緒にオンラインセミナーを同時開催することです。

久家邦彦久家邦彦

これはセミナー主催者や研修会社が、よくありがちな間違いです。

私も同じことをやって失敗しました。

弊社では、Zoomを使ったセミナーを毎月100回近く開催しています。

Zoom集客の学校の受講生を入れたら、月に2000回位セミナーをやってると思います。

そこで抽出したデータで分かったことは、リアルセミナー会場にお客さんをお呼びして、同時にZoomでオンラインセミナーをやろうとすると失敗します。

久家邦彦久家邦彦

リアルのセミナーと同じ時間にオンライン(Zoom)でも同時にやると、一石二鳥だという考えが働きます。

私も、最初は考えました。

しかし、このハイブリッドセミナーは、高度なテクニックを必要とするのです。

オンラインセミナー初心者が、最初に行うと失敗します。

なぜかというと、セミナー講師がリアル会場の参加者(受講生)に集中してセミナーの内容を説明したり、ワークをやったり、事例を紹介したりしている時は、オンライン(Zoom)の参加者(受講生)は、何をやってるかわからないので白けます。

逆に、オンライン(Zoom)の参加者(受講生)に集中していると、目の前にいるリアルの参加者(受講生)が白けます。

久家邦彦久家邦彦

リアルとオンライン(Zoom)セミナー共に、上手くいきません。

ですから、オンラインセミナー初心者は、ハイブリッドのセミナーを開催すると失敗するということです。

まとめ

現在、コロナウィルスの影響で、セミナー講師や研修主催者は、リアルのセミナー会場でセミナーができなくなっています。

オンライン(Zoom)でセミナーやろうと思っている方々に、「やってはダメな3つのこと」について説明させていただきました。

  1. 共同ホストなしのセミナーをやったらズームセミナー失敗します。
  2. セミナーの内容リアルと同じそのままではうまくいきません。
  3. ハイブリッドのセミナー、つまりリアルセミナーとZoomセミナーを同時を最初から開催しようとしてはダメです。
久家邦彦久家邦彦

Zoom集客の学校では、Zoomを使った集客セミナーを開催しています。ぜひご参加ください。