こんにちは!

3796人が学んだ!日本最大級のZoomを使う!

オンライン集客スクール『Zoom集客の学校』の

久家邦彦です。

今日は
Zoom集客の学校の受講生でもあり、「Zoom使い方マスター養成講座」の講師としてもおなじみの“うっちー校長先生”こと、内田雅子さんに実際にお話を聞いてみました!

うっちー先生はZoomを学ぶ前は、どんなことやってたんですか?

うっちー校長うっちー校長

看護師をしていました。

「看護師時代の悩みってどんなことがありましたか?」

うっちー校長うっちー校長

私は婦長だったので下手すると24時間拘束状態でした。

自由な時間はなくて。

母も歳をとってきたから、一緒に暮らして様子を見たい。というのもありましたが、務めだと難しくて…

なかなか自分の時間を持てないし、24時間拘束されてるし、好きなことができなかったです。

「Zoom使い方を教えるようになって、どんな変化がありましたか?」

うっちー校長うっちー校長

看護師をやめて、バイトしながら副業で、最初はいろんなことをやってました。

Zoomを知って得意になると、本当はオンラインで別なことをやってたにも関わらず、「教えてほしい」といわれて教えるようになって…

それがどんどん仕事になっていきました。

「自宅にいながらなので、ストレスからも解放されたと思いますが、体はどうですか?」

うっちー校長うっちー校長

めちゃめちゃ楽です。
急に母が病院に行きたいといっても、スキマ時間を見つけていけますし、お客さんから連絡あったらどこでも答えられます。

私は結婚して大分と福岡をいったりきたりしてますが、それもwi-fi 化であれば大分で講座したり、福岡で講座したりできます。

もしオンラインじゃなかったら、仕事自体成り立たなかったかなと思います。

Zoomの使い方を教えるようになって生活はどのように変化しましたか?

久家邦彦久家邦彦

うっちー先生が入籍したのは「Zoomの使い方」を教えはじめてからですよね?

うっちー先生は今50代ですよね。

普通日本人で、50代で結婚できる女性って1%以下なんです。

仕事やほかのこともあって。でもプライベートの時間も持てるようなって、革命的なことだと思います。

看護師さんの仕事も安定してますが、Zoomの使い方を教えることでも収入は安定していますか?」

うっちー校長うっちー校長

不謹慎ですが、本来なら病院でコロナに怯えながら、仕事をしなければいけなかったと思います。

でも、その時期にはZoomが忙しくなって、本業をやめても成り立つようになっていましたし、行ったり来たりの生活ができるのは、Zoomを教える側にいち早く回ったからなんですよね。

教えてほしくないという方、いないじゃないですか。

機能をよく理解しておかないと、とっさにサポートできないのでサポートは難しいんです。

トラブルもサポート入ってるときにポイってくるので、教室の先生としては質問に答えられないとダメです。

サポートが信用を落とすのはありえないことなので。

今はオンJOBの1級ができたことで皆さんも教えられるので、自信を持っていただき、楽しく喜んでもらえなから仕事できます。

「ほかにもZoomの使い方を教えているところがありますが『Zoom集客の学校』の【Zoomの使い方養成マスター講座オンJOB】は何がいちばん違いますか?」

うっちー校長うっちー校長

トラブル対応ですね。

聞いても結局、どのトラブルのことなのか分からないんです。

自分の実体験じゃないと分からないものってありますよね。

それが実践で対応できます。

なので、

「相手が何に困ってるのか、どんな機能で困ってるのか?」

を実践で学べるので予測が立てられたり、分かってくるんです。

実践の中でやるから分かります。

実践できる場があるところが、ほかと違います。

マニュアルだけのところと雲泥の差です。

「1級はどんな人にいちばんおすすめですか?」

うっちー校長うっちー校長

自分で起業していきたい人はもちろん、上手に時間を使いたい方。

あとはサポートにどんどん入っていく人。

教える側になって自分の使えるツールにしたいですよね。

それが時代の先取りになっていきますので、自分で起業しててそれだけでも売れていきますが、プラス教えられるようになったら信頼も上がります。

自分の商品の中にもコンテンツとして入れられるとほかと差がつきますので、そういった方はどんどん取り入れていただきたいなと思います。

あと新しい仕事として共同ホストとしてやってみたい方ですね。

久家邦彦久家邦彦

うっちー先生、ありがとうございます!

日本オンラインビジネスアドバイザー協会で学ぶと、どういうことができるようになるかを詳しくお伝えしますね。

日本オンラインビジネスアドバイザー協会とは?

「オンJOB」は「日本オンラインビジネスアドバイザー協会」といって、Zoomの使い方を教えるだけでなく、オンラインでビジネスをするときのgoogle ドライブとかチャットワークなどのオンラインツールの使い方まで学んで教えられるようになります。

簡単にいうと2級はあなたがZoomを完全にマスターして、セミナーができるだけじゃなく、使い方を人に教えて、

毎月安定して5万円から10万円稼げるようになる。

基礎を学んで練習していく講座です。

2級は教えるまでいかない人が多いです。

身近なところで自分のセミナーを開催するのは2級で良いと思います。

1級は、プロとしてトラブル対応ができるとか、問題なくほかの会社の研修のサポートができるというところです。

コーチとしてほかの会社の仕事を取れるだけじゃなく、うちのオンラインビジネスアドバイザー協会の仕事もあります。

上場企業で今、億のところから依頼がきてます。

練習してできるようになったら、あなたにもお仕事をお願いすることもあります。

月に20~30万、稼げるようになっていきます。

さらに認定講師になり、うっちー先生、下川のぞみさん、伊藤けい子さんみたいになっていくと毎月30~50万。

その地域の校長みたいな形でリアルでもできるようになると、毎月100万は普通に稼ぐ校長というのをつくっていこうと思ってます。

「Zoom使い方マスター養成講座」2級と1級

2級は基本的にZoomセミナーが開催できます。

Zoomの使い方を学んで、あなた自身がセミナー開催して、それだけじゃなくてオンラインビジネスで必要なgoogle ドライブとかチャットワークの使い方などの基礎が全部学べます。

さらに1級になるとそれを教えることで収入を得ることができます。

Zoomの使い方でトラブル対応とか、いろんな企業法人から「手伝ってほしい」という依頼がきます。

共同ホストもそうです。

Zoomができるようになるとそれだけじゃなく、収入としてうちの仕事をお願いすることもあります。

認定講師になっていただくと、さらに毎月30万、50万、最終的に校長先生みたいな100万円まで目指していただければと思います。

「Zoom使い方マスター養成講座」まとめ

自宅にいながら「日本オンラインビジネスアドバイザー協会」として、完全在宅でやってもらうお仕事です。

もちろん旅行にいきながらでも wi-fi の環境が整っていたらできます。

コロナの影響を受けず10万円から30万円を稼ぐ仕事。

まずはZoomの使い方をマスターしていただくんですが、

Zoomの使い方で押さえて欲しいのは

  • 教えてくれる人がいない
  • 練習を一緒にする人がいない
  • 練習する場所がない

というのが難しいことなんです。

最短1カ月でZoomを使いこなせるようになり、3ヶ月目にはもう30万円稼ぐ。

しかもそれがコーチ、コンサル、カウンセラーのように自分の知識と経験を伝えてしかサポートとできなかったのが「Zoom使い方マスター養成講座」であれば商品があるということです。

しかもそれが大人気で売れるということです。

だから商品がない人でもできます。

もちろん見込み客ゼロからでも集客できます。

そういったやり方があるということを、まずは覚えておいてください!

 

内田雅子さんの過去のインタビュー記事はコチラ!

>>>Zoomを使った在宅ワークを始めたら 看護師が副業で「Zoom講師」が本業になりました!