皆さん!

Zoomをどんどん使っていますか?

在宅ワークなどで、Zoomを使う機会が増えました。

しかし、「部屋の片付けができていない」「プライベートな空間はできるだけ見られたくない」と思われる方もいらっしゃると思います。

その解決策として、便利な機能が「バーチャル背景」です。

この「バーチャル背景機能」を使用すると、画像やビデオをZoom Meetings 中に背景として表示することができます。

是非最後までご覧下さい。

バーチャル背景とは?

バーチャル背景というのは、読んで字のごとく、背景をバーチャル(仮想)にするということです。

つまり、プライベートな空間であっても、外出中であっても、バーチャル背景を設定することで、相手に背景を見られることなく、Zoomミーティングを開催することが出来るのです。

バーチャル背景の設定方法

「バーチャル背景」の設定はZoomのWEB設定から変更することが出来ます。

ZoomのWEB設定に入り、画面左にある『ミーティングにて(詳細)』をクリックして、少し下に行くと、『イメージバーチャル背景』という項目が現れます。

オンにすることで、バーチャル背景を設定することができるようになります。

バーチャル背景オン

WEB設定のイメージバーチャル背景が「オン」になっていない場合、Zoomアプリの画面では「バーチャル背景は無効になっています」と表示されます。

バーチャル背景1

もし、「バーチャル背景は無効になっています」と表示されていたら、先ほどのWEB設定から変更して下さい。

バーチャル背景の画像を追加する

バーチャル背景は最初から入っている画像もありますが、新しく追加することもできます。

追加するのも簡単にできます。

Zoomアプリを立ち上げ、起動画面の右上にある歯車マークで設定画面を開きます。

「背景とフィルター」というところをクリックすると、バーチャル背景の設定をする画面が開きます。

画面真ん中の「バーチャル背景」と書かれているところの右側に『+』マークがあり、クリックすることで、画像を追加することができます。

また、グリーンスクリーンを使う方は、下の方にある「グリーンスクリーンがあります」にチェックを入れてください。

自分の画面を鏡に映すように自分からは見える「ミラーリング」についても、こちらで設定できます。

バーチャル背景に使う「グリーンスクリーン」について

ここで、よく聞く質問があります。

Q.「グリーンスクリーン」は、必要ですか?

この質問への回答は「パソコンによって違います」です。

性能の良いパソコンだと、「グリーンスクリーン」はなくても大丈夫です。

しかし、「グリーンスクリーン」を使わないと、手を振っているのが見えなかったり、何か持っている物を見せたい時に見えない等の問題が起きます。

また、こんな質問もあります。

Q.「グリーンスクリーン」は、グリーン色でないと、いけないんでしょうか?

色の世界で、顔の色の反対に当たるのが緑です。

だから、グリーン色だと、顔や手をしっかり認識してくれます。

カーテンだと、影ができることがあるので、オススメはホームセンターで売っているプラダン(プラスチック段ボール)です。

バーチャル背景について、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事がオススメです。

Zoomミーティング、バーチャル背景設定(仮想背景設定)の使い方

まとめ

Zoomの仮想背景の設定についてはおわかり頂けたでしょうか?

今までは「部屋を見られたくないからZoomはしたくない」と思っていた方も、「バーチャル背景」を使うことで、「あなたのプライベート空間」を見られることなく、Zoomミーティングができます。

Zoomの機能をどんどん使って、快適にZoomミーティングをしていきましょう!

『紹介サイト×Zoom集客®満席法』1Day実践セミナー

【ビジネスはメンタルが9割】

これ、本当です!

ビジネスが続かなくなる原因は、、、

1、お金が続かない
2、心が折れる

この2つです!

売上「ゼロ」が続くと、メンタルがやられて、やる事が空回りします。

そこで、
売上ゼロから続々と成功している、自宅にいながら、無料紹介サイトに、あなたのサービスを掲載するだけで!

74人が平均100万円売上げた仕組みを、セミナーで初公開しています。

体験セミナーに参加希望の方は、こちらをクリック!!

    ↓ ↓ ↓