Zoom会議室は無料で使え、しかもいろいろな機能が備わっています。

無料版と有料版を選ぶことができます。

その違いを検証してみました。

今回は、Zoomの有料アカウントで使用できる機能の使い方ついてお話します。


Zoomの通話時間制限

Zoomの無料版と有料版の1番大きな違いは、通話時の時間制限です。

無料の場合、1対1での通話は無制限でできます。

それ以外に人数が増えた場合、40分という制限がかかってします。

40分になったらいきなり切られるわけではありません。

知らせてくれるので、ご安心ください。

有料版の場合、無料版での制限、40分を気にすることなく無制限で利用できます

それでは、有料版で使用できる機能の一覧を表示させていただきます。

 

【proアカウント】

  1. すべてのミーティングの時間制限なし、無制限に使用可能
  2. 50名以上の参加者を招待
  3. ユーザーの管理機能
  4. 管理機能のコントロール
  5. 報告機能
  6. パーソナルミーテイングIDが発行
  7. タスクスケジューラー
  8. 動画、音声ファイルの録画、録音
    (スマートフォンやタブレットからもクラウドへ録画可能)
  9. 1GBのクラウドレコーディング機能
  10. フリーダイヤル機能
  11. ビデオウェビナーを追加できるオプション
  12. ビジネス版Skype(Lyuc)との互換機能
  13. ホストは参加者に「共同ホスト」の権限を与えられる

Zoomの有料版・proアカウントの利用料金は$14.99です。

月払い・年払い、どちらかを選べます。

【Businessアカウント】

個人ではなく仕事で使う場合は、Businessアカウントもあります。

Businessアカウントは、proアカウントの機能に加え、下記の機能があります。

  1. 電話サポート機能
  2. 管理ダッシュ機能
  3. 独自URL機能
  4. クラウドデータ保管機能
  5. 会社の資格条件でサインイン
  6. 自社サイト運営機能
  7. Businessメールアカウント追加
  8. LTIの統合機能

Businessアカウントの使用料金は、月額$19.99です。

登録に必要な人数が10名以上から購入可能です。

 

【Enterpriseアカウント】

Enterpriseアカウントは、Businessアカウントよりも優れた機能を兼ね揃えています。

EnterpriseアカウントはBusinessアカウントの機能に加え、下記の機能があります。

  1. 拡張管理機能
  2. 拡張サポートとカスタマイズオプション
  3. その他の統合オプション
  4. 追加オプションサービス

Enterpriseアカウントの使用料金は、Businessアカウントと同じく月額$19.99です。

こちらは最低ホスト数が100名以上。

登録に必要な人数が100名以上必要となります。

いずれも支払方法はクレジットカードになります

これだけの機能に加え、コストパフォーマンスも抜群のZoom会議室です。

ご自分のビジネスの大きさに合わせてプランも選べます

無料アカウントと有料アカウントの機能を見比べてくださいね。