Zoom会議室は無料で使え、しかもいろいろな機能が備わっています。

無料版と有料版を選ぶことができます。

その違いを検証してみました。

今回は、Zoomの有料アカウントで使用できる機能の使い方ついてお話します。

Zoomの通話時間制限

Zoomの無料版と有料版の1番大きな違いは、通話時の時間制限です。

無料の場合、時間の制限があります。

無料アカウントでは40分が経過すると、閉じられてしまいます。

ただ、40分が経過したからといって、Zoomミーティングが閉じられるわけではありません。

知らせてくれるので、ご安心ください。

有料版の場合は、無料版での制限時間である40分を気にすることなく、連続30時間、実質時間無制限で利用できます

他にも、有料版で使える機能は色々あります

それでは、有料版で使用できる機能の一覧を表示させていただきます。

【proアカウント】

  1. すべてのミーティングの時間制限なし、無制限に使用可能
  2. 100名の参加者を招待
  3. ユーザーの管理機能
  4. 管理機能のコントロール
  5. 報告機能
  6. パーソナルミーテイングIDが発行
  7. タスクスケジューラー
  8. 動画、音声ファイルの録画、録音
    (スマートフォンやタブレットからもクラウドへ録画可能)
  9. 5GBのクラウドレコーディング機能
  10. フリーダイヤル機能
  11. ビデオウェビナーを追加できるオプション年
  12. ビジネス版Skype(Lyuc)との互換機能
  13. ホストは参加者に「共同ホスト」の権限を与えられる

Zoomの有料版・proアカウントの利用料金は$149.90/年です。

月払い・年払い、どちらかを選べます。

【Businessアカウント】

個人ではなく仕事で使う場合は、Businessアカウントもあります。

Businessアカウントは、proアカウントの機能に加え、下記の機能があります。

  1. 電話サポート機能
  2. 管理ダッシュ機能
  3. 独自URL機能
  4. クラウドデータ保管機能
  5. 会社の資格条件でサインイン
  6. 自社サイト運営機能
  7. Businessメールアカウント追加
  8. LTIの統合機能

Businessアカウントの使用料金は、月額$19.99です。

登録に必要な人数が10ライセンス以上から購入可能です。

 

 

【Enterpriseアカウント】

Enterpriseアカウントは、Businessアカウントよりも優れた機能を兼ね揃えています。

EnterpriseアカウントはBusinessアカウントの機能に加え、下記の機能があります。

  1. 拡張管理機能
  2. 拡張サポートとカスタマイズオプション
  3. その他の統合オプション
  4. 追加オプションサービス

Enterpriseアカウントの使用料金は、Businessアカウントと同じく月額$19.99です。

こちらは最低ホスト数が100名以上。

登録に必要な人数が100名以上必要となります。

いずれも支払方法はクレジットカードになります

これだけの機能に加え、コストパフォーマンスも抜群のZoom会議室です。

ご自分のビジネスの大きさに合わせてプランも選べます

無料アカウントと有料アカウントの機能を見比べてくださいね。

最新版 2022年度版(基礎) 【Zoom使い方・始め方15個の動画マニュアル集】プレゼント

最短7日間で

30人~50人を集客できる!

かんたん!無料で!すぐできる!

Zoom使い方・始め方【15個の動画マニュアル集】を無料プレゼント!

お申込みはこちらから!!

▼ ▼ ▼ ▼

 

_________________

集客できすぎるので限定7名です!

あなたに合う集客方法は1つではない

突然、集客が楽になった方法

受講費1万円 → 無料

突然、集客が楽になった方法を大公開!

→ 無料セミナー体験会&相談会はこちらから!

___________________

突然、集客が楽になる

実践した145名がゼロから実践し、145名全員売上が上がった!

再現性100%の「集客法」

この『3つの大原則』がこちらのセミナーで学べます。

これらの大原則を知り、正しく実践するだけで、

【誰でも】売上げが上がり、

望む収入が手に入れられる!

今なら無料セミナー体験会はこちら

▼ ▼ ▼ ▼