今日はZoomで「チャットの使い方」についてお話していきます 。


チャットとは?

チャットとは、ネット上でキーボードを使っておしゃべりをすることです。

掲示板との違いは、参加者がリアルタイムに話題をやりとりし、「かけあい」のような状態になる点です。

Zoomでも、チャットを使用することができます。

チャットの使い方を教えてください

Zoomでチャットを使用することで、双方向でのやり取りを行うことができます。

たとえば、ホスト側からの問いかけに対して、参加者側の回答を確認したい時や、ホストと共同ホスト間での業務連絡として使うことができます。

チャットは、画面下方にあるツールバーにある「チャット」を押下することで、画面右下にチャットスペースが表示されます。


表示されたチャットスペースに文字を入力して送信します。

送信は、Windowsの場合「enter」キーで行います。

Macの場合は「Return」キーで行います。

もし、メッセージを改行したい場合は、Windowsの場合は「shift+enter」キー押下で可能です。

Macの場合は「control + Return」キー押下で可能です。

改行については、WindowsとMacで操作方法が異なるため、注意が必要です。

なお、スマートフォン・タブレットでは改行ができないようです。

その場合は、長文で送信するか、区切りたい文節ごとに送信してください。

また、チャットのメッセージは、送信したい相手を選ぶことができます。

チャットスペースのメッセージ入力域の上に「宛先」があるので、「宛先」の右横をクリックし、送信相手を選択してください。

デフォルトは「皆様」の状態です。

チャットは、チャットスペースの右下にある「詳細」をクリックし、「チャットの保存」を選択することで、チャットの内容を保存することができます。

チャット機能を使うことで、セミナーや勉強会が一方的にならず、参加者に書き込んでもらうことで場が盛り上がります。

有効的に活用できるようにしましょう。

 

◼︎こちらの記事もおすすめです

>>【ZOOMのPC・スマホでの使い方【初心者から、ビジネス利用の応用まとめ】