今日はZoomの画面表示「ギャラリービュー」と「スピーカービュー」の違いについてお話していきます 。


ギャラリービューとスピーカービューの違いとは?

Zoomの画面表示方法には、ギャラリービュースピーカービューの2種類あります。

画面表示方法は、参加者側で変更できるため、ホスト側で参加者側がどちらの画面表示方法を選択しているかを意識する必要があります。

たとえば、「ここはスピーカービュー」でホスト側の話に集中して聞いて欲しい場合は、「スピーカービュー」にして下さい。

参加者全体の反応がわかるようにしたい場合は「ギャラリービューにして下さい」と、ホスト側から参加者側へ誘導できるようにすることが、大事なポイントです。

また、特に画面表示方式の指定が必要ない場合は、参加者側の判断で画面表示方式を選択していただきましょう。

ホスト側が話しているのを間近で聞きたい場合はスピーカービューにするといいでしょう。

他の参加者の様子も見たい場合は、ギャラリービューにするといいでしょう。

画面表示形式の切り替えは、画面の上方にあるボタンで切り替えることができます。

現在の画面表示形式と逆のものが表示されます。

 

◼︎こちらの記事もおすすめです

>>【ZOOMのPC・スマホでの使い方【初心者から、ビジネス利用の応用まとめ】