会社や個人でZoomを導入しようかと迷われてはいませんか?

そもそも、Zoomって何?という方もいるかもしれません。

Zoomは無料で使うことができます。

もちろん、有料と無料で機能が変わってきますし有料の中でもいくつかのアカウントタイプがあります。

あなたがどのように使うかによって、無料、有料、どのアカウントタイプを使うか?が変わってきます。

今回は、Zoomを無料で使うとき、有料で使うとき、アカウントタイプでどのような違いがあるのかをお話していきます。

無料プランでできること

基本的にプライベートで使うのであれば無料でも大丈夫かもしれません。

なぜなら、無料でも機能が充実しているからです。

  • 時間・回数無制限の1対1のミーティング
  • 100人までのミーティング開催可能
  • ビデオ・Web会議の実施(3人以上が参加する場合、最大40分の時間制限つき)
  • 暗号化によって守られたセキュアな通信
  • ビデオ通話の録画データ保存(PC上のみ。クラウドストレージは利用不可)
  • オンラインサポートへの問い合わせ

このように、Zoomは無料プランでも様々な機能が充実しています。

もちろん、一部機能には制限が掛けられており、有料プランにすることで、これ以上に便利な機能が追加されます。

有料プラン 無料プランの違い

ミーティングの時間制限

無料でも有料でも、1対1でのZoomミーティングは最大24時間可能です。

しかも回数制限はありません。

ただし、3人以上でミーティングをする時に違いがでてきます。

それは無料プランの場合は3人以上のZoomミーティングは1回40分までに制限されます。

40分を越えると強制的にミーティングが終了されます。

そのため、無料プランでZoomミーティングを長時間したい、という時には40分経過する毎に、Zoomミーティングに入りなおす必要がでてきます。

有料プランならば、アカウントタイプごとに設定されている最大人数の範囲内で時間無制限のミーティングができるので、ストレスを感じることなく利用可能です。

以上のように、人数によって40分で終わるかどうかが違います。

もちろん、1対1でしか話さない。というような方であれば無料プランで十分だということが分かりますね。

注意点としては、以上のことは自分が主催する時です。

あなたが他人のZoomミーティングに参加するときは関係ありません。

録画、レコーディング方法の制限

Zoomでは、ミーティングの様子を録画することができます。

録画データを共有したり、議事録として使う、セミナーの資料として使うこともできます。

無料プランでも、有料プランでも録画自体は問題なく行うことができます。

Zoomでは、

「ローカル保存」でパソコンや記憶媒体に保存したり、「クラウド保存」でZoomのクラウド上に保存することができます。

ここに、無料プランと有料プランでの違いが出てきます。

無料プランでは、ローカル保存しかできません。

つまり、多くの動画を保存していくと、記録量が増えパソコンの動作が重くなったりします。

有料プランでは、クラウド上に保存可能なので、パソコンの容量を圧迫することはありません。

ただし、有料プランのアカウントタイプにもよりますが、クラウド保存も1ギガまでの制限がありますので、ご注意ください。

Zoomでミーティングやセミナーをレコーディングする方法

共同ホストの設定

Zoomでは、Zoomミーティングを主催しているを「ホスト」と呼びます。

ホストは、Zoomミーティングを立ち上げ、Zoomミーティングの管理を行います。

例えば、入退室の管理、字幕設定、ミュート、ブレイクアウトルームなど、があり、その作業は多岐にわたります。

参加者の数が少ない内は問題ありませんが、多くなってくると大変です。

管理に意識を取られてしまい、ミーティング自体がおざなりになってしまってはいけません。

そんな時に使うのが共同ホストの機能です。

ホストの機能の一部を共有することで、ミーティングをサポートしてもらえます。

ホストの負担を軽減し、大規模な会議も円滑に進められるようになります。

共同ホストを設定することで、話し手は話す事に集中し、運営を共同ホストに一任することが可能です。

この共同ホストの機能ですが、無料プランにはありません。

有料プランのみついています。

有料プランのアカウントタイプは?

有料プランのアカウントタイプは

  • プロプラン
  • ビジネスプラン
  • 企業プラン

の3つがあります。

それぞれの大きな違いのポイントとしては、

  • 1DI毎の値段
  • Zoomミーティングに参加できる人数の制限
  • 録画容量(プロプランとビジネスプランは同じ)

という所かと思います。

実際にあなたのビジネスによって、どのプランがいいのかは異なってきますので、まずは「参加者はどれくらいなのか?」「どのように使うか?」等を考えてみると良いと思います。

詳しくはZoomのHPをご参照いただくのが良いでしょう。

オプションで追加も可能

一部の機能はオプションとして、追加することが可能です。

例えば、クラウド録画をした時に、容量が足らなくなったという時は申し込むことで容量の追加をすることができます。

他にも、ウェビナー機能も追加することができたりします。

必要に応じて、オプションの追加をしていきましょう。

まとめ

以上、Zoomを使うときに、どんなプランがいいのか?

無料プランがいいのか?有料プランがいいのか?

有料だとしたら、どのアカウントタイプがいいのか?

様々な疑問があると思います。

あなたがどのようなビジネスをするのかによって、必要な機能も異なってきます。

この記事を読むことが、あなたの選択の助けとなれば幸いです。