今日はZoomを「録画する方法」についてお話していきます 。


Zoomを録画するには?

Zoomを録画することをレコーディングといいます。

レコーディングは、Zoomのミーティング内容を録画する機能です。

ミーティング内容を記録するだけでなく、自分で画面を立ち上げてレコーディングを行い、YouTubeに限定公開でアップロードすることで、動画資料を作成するといった便利な使い方もできます。

Zoomを録画(共同ホストの役割)

レコーディングは、ホストだけでなく共同ホストも行うことができます。

共同ホストもレコーディングができるため、ホストと共同ホストどちらもレコーディングを行うことで、もしレコーディングに何か不具合があったときも記録を残すことができます。

Zoomを録画(無料アカウントと有料アカウントの違いとは?)

無料アカウントの場合、コンピューターへレコーディングを行うことができますが、有料アカウントの場合は、コンピューターだけでなく、Zoomのクラウドにレコーディングを行うことができます。

ただし、クラウドへの記録容量は1GBのため、容量がいっぱいだと次のレコーディングを行うことができません。

クラウドにレコーディングしている場合に、途中でレコーディングが切れてしまうことはありませんが、古いものはこまめに削除しましょう。

そのため、「自分のコンピューターへレコーディング」をおすすめしています。

Zoomを録画(マイミーティングの設定)

ホスト側はいつでもミーティングの様子をレコーディングできます。

手動でレコーディングを開始することもできますが、必ずレコーディングするようにしたい方は、マイミーティングの設定で、ミーティングを起動したら自動的にレコーディングを行う設定を行うことができます。

ミーティングが終了すると、記録されたデータがパソコンで再生できる動画データに変換されます。

変換が終了しますと、動画データが作成されたフォルダが開きます。

動画データを保存するかの確認メッセージが表示されるので、保存する場合は「SAVE」をクリックしてください。

保存先などの詳細設定については、Zoomの起動画面の右上の歯車マークをクリックして表示された設定の「レコーディング」で行うことができます。

 

 

◼︎こちらの記事もおすすめです

>>【ZOOMのPC・スマホでの使い方【初心者から、ビジネス利用の応用まとめ】