1. 勉強会の目的は、まず個別相談に入ってもらうことでした。さらに勉強会から個別相談の申込が入るまでに、大事なことが2つあります。
  2. 破壊・構築・強化、必要性、緊急性を高めてもらうために、参加者の方の勘違い、そうではなくここが必要ですということを伝えることが必要です。
  3. 肝心の個別相談の案内が抜けていているなど、適当な方がとても多く、弱気になっている方も多いです。何のためにやるかいうと「なんとかしたいです。私の問題を解決したいです。本気でどうにかしたいです。」と思ってもらうために個別相談の案内をしていくところです。

オンラインビジネスで7日間で売上を上げる秘訣とは?続きはこちらから!

オンラインビジネスで7日間で売上を上げる秘訣(具体的ステップ)について、お伝えします。

【内容】

  1. (フロント)Zoom勉強会・Zoomセミナから「個別相談」に誘導する方法。
  2. 3つのポイントと実践方法とは?「常識の破壊」・「構築」・「強化」
  3.  1回の「個別相談」で成約する「最大の秘訣」

個別相談の目的・ゴールとは?

個別相談の目的・ゴールは何でしょうか。

売上を上げて成約することです。

成約するためには、3つ大事なことがあります。

最初は、商品説明前の準備です。これがとても大事です。

個別相談はすぐのこともあり、後日に日を改めることもありますが、17+1のトーク・スクリプトを使って話していきます。

番号で言うと1から10番までです。

大事なことは2つあり、今すぐ客か、そのうち客かを振り分けます。

もう一つは、「聞きたいです」という方や、「今すぐ私の問題を解決したいです」と商品を聴く準備を整える場です。

7日間の集中講座で5日目にあります17+1という質問があり、そのうち1番から10番までをきちんと伝える準備です。

「セミナーをありがとうございました」ですぐ「商品説明いきますよ」は違うわけです。

  • 「本当に聞いていきたいですか」
  • 「必要でしょうか」
  • 「必要でなければ大丈夫です」

などと、聞きたいことを確認することになります。

商品説明では価値を伝える

商品説明の前の準備ができて、整えてゆきます。

次に何をするかというと商品説明で、準備ができて初めて商品説明ができます。

商品説明では、価値を伝えていきます。

大きな流れの中で、成約しないと言う方の多くが陥りがちなのが、「次にやります」ということです。

個別相談で成約していくために大事なところは、商品説明の前の準備と商品説明中は価値を伝える事がとても大事です。

ここまでくれば想像がつくと思いますが、ポイントは、皆さんが商品説明の後に何をするのが大事なのか、ということです。

商品説明前に動画で聞きたい方に関係づくりや期待、価値を存分に伝える商品説明を行いました。

個別相談が終わったら、次に何をするかという最後の部分です。

商品説明の後、クロージングをして契約を結んでいくために必要なことをします。

すぐに入金します、やります、という方もいれば、いろいろ理由をつけて、「やりたいけど、けど、けど、、、という方もたくさんいます。

商品説明の後に、クロージングして契約を結ぶ必要があります。

そのためには、3つやることがあります。

皆さん、商品説明のための準備をしました。

商品説明のための資料を作りました。

そして、大事なロールプレイもしましたと言います。

そこで何をしたんですかと聞くと、入金説明のところだけをやりました。

そこだけでは、違います。

その前までのところも、全部通して行ってください。

空ここねさんがおっしゃっている、脳をだますということです。

最初から最後の契約まで私一人で行っているというので、もう売上ゼロだったところからどんどん上がるようになっていますという話です。

とても大事なのが、セットです。

商品前、商品説明、商品説明個全てセットで個別相談ということになります。

売れるイメージを作る

全体像の把握、骨組みが必要です。

これが7チャレの全体像の中にギュッと大事なポイントをまとめています。

何をすればいいかが分かって、わかることで自分のアクションができるようになります。

脳だますことができるようになります。

  • まず集客の目的は何でしょうか。

→勉強会が目的でした。

  • 勉強会では何が大切ですか。

→投稿にやコメントに返信して案内文を出すことです。

たくさん勉強会に来てくれたら、次の目的は個別相談に来てもらうことでした。

では、個別相談に来たら売上を上げるためには何をするかというと、破壊・構築・強化です。

もう一つは、個別相談会のご案内をします。

  • 個別相談に来たら、何が目的でゴールは何ですか。

→成約でした。

では成約がゴールなので、そのために必要なポイントは、説明前の準備でした。

準備は、お相手の心の準備で、聞きたい、今すぐ解決したいとなるための準備です。

商品説明で価値を伝えて、商品説明の後契約を結ぶために、いろいろしていきます。

実際、それぞれに落とし穴があります。

今までのところは骨組みですが、中身を入れていきましょう。

行動サポートをしてきて多くの方がつまずき、かつての私もつまずいたポイントを改善したことで、売上が上がっていったポイントについて、解説していきます。

売上につなげるポイント

皆さんが一番知りたいところではありますが、成功の秘訣です。

全体像がわかり、自分が売上る1カ月後のあなたが売上を上げるために、決めていくことです。

たくさんありましたが、まず3つを決めます。

  • 実際に行っているけど売上が上がらないという方、
  • そこがわからなかった方、
  • わかったかも知れませんが売上が上がらなかった方

ぜひ、最短で売上を上げるには、全体像を把握してください。

成功の秘訣は、ひと言で言うと何でしょうか。

答えを言いますと、大事なことは7日間チャレンジ(Zoom集客®の学校のプログラム)を自分のものにすることです。

ここには、全ての要素が詰まっています。

先ほど自分のものにする骨組ついて、お伝えしました。

最短で売上を上げるために必要なことは、骨組みが頭に入っていたら、コツを理解するだけです。

それでは、それぞれのつまずきポイントです。

集客・勉強会・個別相談のコツです。

集客の目的は何だったでしょうか勉強会に来てもらうための集客のポイントがあります。

デカ文字以外の発想

最初にデカ投稿します、という方がたくさんいます。

自動化するためテストマーケティングにもなりますし、大事な反応を見て、皆さんのお悩みを聴くためにも大事ですが、これだけ行っていても集客が全然的ないし、反応がないという方が多くいらっしゃいました。

これは自動化するために、テストマーケティングにもなるので大切です。

それだけでは集客ができない方のために、実は伊藤恵子さんと私でLIVE配信をして、「無料集客のための4つのアイディア」というのを1時間位で行ったことがあります。

この動画を見ていただくと、実は成功事例として、8年間会社の経営をしていて、いろいろな創意工夫をしてきた中でこの4つのポイントが、わかります。

常に売上を上げ続けることができて、ZOOM集客®の学校で勉強会をすると1回の告知で30人くらいが申込してくれるというパターンを作れていますので、皆さんに合うかどうかは分かりませんが、よかったらやってみてください。

何が言いたいかというと、デカ文字投稿しかしてはいけないと思う方が結構いるので、そうではなく、他にもいろいろな発信の仕方、私はここにいると伝える方法があります。

ご自身で思いついたものをいろいろ試してください、発想を広げてほしい、という願いがあります。

LIVE動画を見て成果

思いつかない方は、まずこの動画を見ていただいたらいいと思います。

実際にどういう結果が出ているかと、8月に1人、9月に6人しか勉強会に集客できなくて、私が行動サポートした人の例です。

  1. 動画を見て全部書き起こしをしました。
  2. 真似して自分のビジネスにあてはめたら、10月は12名の方集客できました。
  3. それまで成約に至らなかったのですが、12名の方が個別相談に来て、半分の方が成約して50%の成約率で売上が上がりました。

という方がおられます。

その方から話を聞いて行ってみたところ、投稿するのが怖かったが、怖くなくなりましたと言われました。

こうすればいいんだと、理解されたそうです。

5カ月ぐらい投稿ができす、もちろん集客もゼロだった方が、今朝起きたら毎日勉強会の申込が来て大変ですけど、どうしたらいいでしょうと、嬉しい悲鳴を上げている男性の経営者の方もおられます。

これが全てではないですが、投稿一生懸命頑張っているのに来ない方に、

  • 発想を広げて、どうしたら自分のことを知ってもらえるのか
  • どうしたら皆さん興味を持ってくれるのか

アイディアを広げてほしいです。

集客のポイントの一つが、発想を広げていろいろ行ってみることです。

挑戦してゆく

もう一つは挑戦です。

何に挑戦するかというと、投稿したけど全然集客できませんという方、どれぐらいのグループに投稿しましたかと聞くと、3つのグループという回答です。3つでは、少ないです。

自分のタイムラインもそうですし、facebookグループに投稿するにしても、やはり数が少なすぎると埋もれてしまい、見てもらえないです。

facebookのグループは投降すれば、グループに入っている方は、皆見ることができ表示されるようになります。

毎日投稿したら、ずっと投稿しているのに集客できないのね、と思われると思って、怖いという方は、結構おられます。

安心してください!お友達全員に表示されるわけではない、という仕組みがあります。

まず見られていませんので、私はここにいるよ、こういうお役に立てますよということを知らせてあげないといけませんから、まずはたくさん投稿ということに挑戦してほしいです。

集客のポイント一つ目は、発想を広げてチャレンジすることでした。

決め手は案内文

次のポイントは何かというと案内文を出すことです。

案内文。ここで差額が決まります。

こんなことお困りではないですか、こんな風になりたいですか、はいと言って何日が勉強なので来てくださいでは情報が少なすぎます。

案内文で超重要なのは、興味があり、とても知りたいです、それも教えてほしいと思ってもらう案内文を作る必要があります。

そこで何が必要かというと、なぜこの勉強会をやろうと思ったのかです。

そして、こんな方におすすめです。

そして、この勉強会を受けるとこんなメリットがあります。

実際に勉強会ではこんなことを学べます。

後はこの勉強会でお伝えして実践した方はこうなっています。

後は無料の場合なら、無料ですとか、いくらです。

ZOOMでやります。

オンラインでどこにいても、どこに行っていても参加できますなどです。

入ったらこうですよ、日程はこうですよという情報。

どんな講師なのか

そして、こういう講師がやりますよ、ということです。

これはストーリーフォーミュラーがあります。

自分の人生を全部書かなくていいので、勉強会の内容に合わせたストーリーフォーミュラーを作って入れている事が条件になります。

ここまで書いていたらとても魅力的な案内本になってきます。

そしてもう一つ大事なことは言葉選びも重要です。

例えばビジネスの勉強会で、売れる仕組みを教えますと書いている方は結構多いですが、例えば私ならどう書くかというと、お客さんから、これ欲しかったの、びっくりマークと言われる仕組み教えます。

どうですか、とお客様からそれが欲しかったと言われる仕組み教えますと聞いたらどちらが気になりますか。

同じ言葉にもちょっと気になるということになる文章に変えるというのも、言葉選びをしてみるのも重要です。

これをするだけでだいぶ気になって申込率は変わってきます。

そういう案内文を書いていなかったという方は、今すぐ書いてください。

とても重要です。

これで申込をするかどうかが決まります。

逆に言うと、このような案内文でないと、初めましてのお客様が興味を持って申込する判断をするものが何もないことになります。

では次に、集客の中で大事なことです。

コメントがついたけど入らない方、は案内文です。

集客もできないしコメントもつかないという方は後で動画を見るなり、自分でいろいろ発想を広げてみてください。

破壊構築強化

勉強会のゴールは、個別相談でした。

勉強会で大事なポイントというのは個別相談に来てもらうことです。

まずひとつ目は破壊構築強化。

破壊構築強化について皆さんはどんな風にやっていますか。

破壊構築強化とはどんなこと?と聞いたら1人ではできないと言う人が多いです。

サポートがいるのですと言われます。

8割の人が、破壊とは何かを勘違いしている人が多いです。

だから本当はこうですよと言ってあげる。

話し方をチェンジしてあげます。

破壊構築強化とはこうですよと言ってあげます。

多くの人が勘違いしているので教えてあげます。 

一人では無理ですよねと言うのは絶対に入れた方が良いです。

ただ入れる場所や言い方とか流れは必要です。

破壊構築強化とは分かりやすく言うと、受講生が勘違いしている事や、落とし穴があることに対して本当はこうですよと言って正しい知識を教えてあげる事なのです。

だから本当はこう言う風にしなくてはいけないのですよと言います。

この形にチェンジしてください。

すべての喋り方をここにチェンジします。

どういうことかというと、取って付けたかのように、最後のほうにいきなり「一人ではできないですよ」とか、「情報が多すぎるでしょ」ではないのです。

破壊構築強化型に変えていくと簡単です。

どういうふうに変えるかというと、みなさん勉強会の中でこれはこうなのですって教える項目がいくつかあると思います。

これがこうなのですよといって教えることがあると思うんですけど、そもそもそれを教える理由があると思うんです。

どうしてそれを教えるかというと、多くの人がわかっていないからです。

勘違いしているからです。

教えてあげないと、知らないよねと教えてあげます。

それが破壊のポイントになるので、なぜこれを教える理由になるのかを教えます。

これが破壊になります。

  • 皆さんこういう勘違い良くされるのです。
  • 私もかつてそうだったのです。
  • でもこれって本当はこうなのです。
  • だからこうなのです。
  • こういうのが必要なのです。

こんな形に変えてしまうだけでいいのです。

すべての内容もそういう形の言い回し、順番に変えてしまう。

どうしてそれを言うのかという理由から話す。

これが一番簡単に変えられます。

破壊構築強化が難しいという人は、そのような形に変えてみてください。

私は誰?

そしもう一つ私は誰?と言う事です。

勉強会の内容がすごくいいにもかかわらず個別相談がやりにくい。

私がこういうことをやっていると個別相談で始めて言うので、どうやっていいのかわからないと言う相談がすごく多いです。

ですがみなさんに聞いてみると、私は何をやっている人なのか、どういうことをお伝えしている人なのかというのを言わないままに勉強会を最初から最後までしている人がとっても多いのです。

じゃあどうすればいいかという事です。

破壊構築強化にくっつけてください。

どうやってやるかというと、

  • こんな風に勘違いをする。
  • 私達だってすぐこういうふうに勘違いしたり、こういうことを思い込んだり、こういう失敗してしまいます。
  • でも本当はこうなのですよ、だからこれが必要なんです。
  • プラス、だから私はそういうサポートを皆さんにしているのです。

私はここでこんなことをしています、とくっつけてしまう。

もちろん、そこに一人ではできないですよね、と話が入る。

  • だから一人でできないのですよ。
  • だから私はこういうサポートをさせてもらっているのです。
  • その中の一部をここで教えています。
  • そういうことを、ここで教えているのです。

と言う。

勉強会の内容の場合はそういうふうに話ができたりします。

私は何をしているのか、どんなサポートしている人なのか、というのを破壊構築強化の話にくっつけてあげることです。

こうやっていくと自然と私は何をしている人なのですと言えます。

こういうサポート実はやっているのですということを言ってあげることができます。

ただ業種業界によって話の進め方も違うと思います。

小人数で詰めた話の方が良い時もあります。

商品説明だったり勉強会だったりという、その中で話の流れがあります。

価値付け

もう一つポイントがあるのです。

勉強会から個別相談に行くときには、先ほど個別相談のご案内が必要ですよと言いました。

ではどんな風にご案内するかです。

それは価値付けをつけるなんです。

価値付けしていますか。

価値付けをしていくのですが、なんとなく特典だからとつけいてます。

勉強会に来てくれた人、無料だからつけていますとかです。

それだけではちょっと弱い。

解決したい、その先が知りたいという風になってもらう必要があります。

集客活動の中で、投稿をしていく。

投稿していくときに興味ありますかとかいう、いわゆる市場調査的なことです。

ズバリ勉強会がありますよと言うとか、いろんな案内の目的もあると思います。

ですがここで一回、1人でできる人はどうぞやってみてくださいと言います。

散々一人じゃ出来ませんよとか、こうだからこうですよって言っているんですけど、できる人やってみてください。

とはいえ、先程勉強会の中でもお伝えしたように、こういうことがあるから一人で出来ません。

こういうことがあるからプロのサポートがあった方がいいですというお話をしてきました。

その様々な業種業態によってそこの言葉いろいろかと思いますが、多くの方がこのポイントを言っていくのではないかと思います。

勉強会の最初にこの参加する目的と理想の未来聞いています。

最初に聞く項目に入っています。

そこで参加している方があって、本当にこの問題解決して自分が今理想の未来に行きたいと思っているのであれば、サポートさせていただきますという風にお伝えさせていただきます。

それぞれ今日の内容は概要であったりとか、一般的皆様に当てはまる内容だったりしますので、個別に皆様の状況とか今のステップに合わせて解決して行きます。

本当にこの理想の未来になるためには、個別に聞きたいこととか解決する必要があることがあると思います。

今回この勉強会に来てくださった方には、個別相談無料でつけています。

不安やカウンセリングとか、何かで病気になられている方は本当はいくらなのですが、今回無料でという言い方してもいいです。

またそこを付けなくても今回勉強会来てくださった方には無料で質問や今の問題を解決して理想の未来に行くための相談する時間も作っています。

それを聞きながら、申し込みしたい人が申し込んでください。

相談に応じて、場合によってはこちらから提案させていただくこともあるかもしれません。

きちんと提案するかもしれないというのをまず入れておく。

もしくはもう一つ、それだけではなくて今勉強会の中でサポートすると言っていましたので、これについても聞きたい、どんなのか知りたい、という方はその話を中心にしてもいいです。

ご希望の方は個別相談お申し込みください。

そのまま続けて時間許す方はそのまますぐやる場合もあるかもしれません。

場合によっては後日時間を取ることもあるかもしれません。

沢山の方を相手にしていくのはちょっとテクニックなどいります。

これは絶対大丈夫っていうまでお一人ずつにやられた方がいいと思います。

お申込みのやり方で言うと、アンケート書いてから帰ってください。

アンケートの中に個別相談の申し込みチェック入れるところがありますのでと言います。

または口頭で決めてしまうというところをやる。

申込率価値が上がって本当に解決したいからくる。

解決しにくる、そして場合によっては提案がる あったらそれに乗っていきたい。

乗ってでもやりたい。

もしくは商品説明を聞きたいという状態で価値をもって個別相談に来てくださるようになります。

そこまで行ったら次は個別相談に来てもらいます。

成約するにはどうすればいいのか、個別相談決まらないのですけどという方の多くの型です。

ここでつまずいていること3つあります。

どこでつまずいているかは人それぞれですし、全部のこともあります。

3つのポイント

まず一つ目。

説明前大事です。

説明前何をすればいいのか。

説明前に何か変な感じで説明に入ってしまうとか、流れでなんかもう強引に説明に入ってしまうとかです。

結構いらっしゃいます。

まずここ、現実とのギャップっていうのを作っていく必要があります。

これは何かというと、まず個別相談に来た方、この前の勉強会来てくださった方です。

先ほど勉強会参加してくださって良かったこと、気づいたことなのですかと聞いていきます。

そこで説明聞くまでの間に、一番大事なところは理想の未来を広げていく。

そして現状。

じゃあそうなっていない現状って何ですか。

何が課題ですか、その課題が解決しなければどうなっちゃうのですか。

どんなことをおこっちゃいますかっていう両方聴いていきます。

そこが広ければ広いほど提案できることがたくさんあるし、そこに緊急性、必要性が出てきます。

現実とのギャップをしっかりお相手の方に話してもらう必要があるのです。

ここで大事なのは心を開いてもらっていないとこの話あんまりしてくれません。

心を開いていないとあんまり皆さん理想の未来も、今の悩んでいることを言ってくれない。

だからカウンセリングのトークっていうのがその前にあるわけです。

心を開いてもらうため、何をするの、なんで何のためにこのトークをするのか。

このトークが何のためにあるのか。

わかっていない、理解していないとどうなるかという事です。

簡単にぶっつけ本番でトークを始めてしまうと何が起こるかというと、いきなり取って付けたかのようにお父さんお母さんって小さいときどんな人でしたかと聞くことでしょうか。

何か関係あるのと、逆にシャッターガラガラって下されるパターンめちゃくちゃあります。

それはなにかというと、ご自身が何のためにそこでそれを聞くのか。

どこにゴールがあるのか。

それぞれの質問は目的があるですが、この目的を理解せずに書いてある言葉だけを言っていくと、自分が何でそれ聞いているかがわからないから、相手も何を答えたらいいかわからない。

だからおかしなことになってしまうってことが発生します。

皆さんここよくわかんないのですっていう相談をすごく受けるんです。

ここで聞くことは、なんでこれを聞いていてどういう風になればよいのかということを理解する練習が必要なのです。

ここ理解するだけでできないので、練習こそ本当にロープレが必要なのです。

ここをたくさんやって、心を開いてもらうことをやって、理想の未来をしっかり広げます。

じゃあ現実は何なのか、今何に困っていてそのままほっとくとどうなっちゃうのっていうところもしっかり話してもらえるようにするには何のためにこの質問しているのだっていうことを自分がしっかりと理解することが大事です。

トークスクリプト、それぞれセリフの前にここは何するところだと書いてあります。

それをするためにこの質問なぜ聞くのかというのをここでちょっと見てから頭に落とし込んでからその質問していくとゴールがわかります。

話がお客様によってはどんどんあっちこっちに飛んでいっちゃう人がいます。

収拾付かないということになったとしても、ゴールが分かっていれば簡単に話を戻すことができます。

そこをしっかりやっていきましょう。

そこ大事です。

商品説明にはいるまで、そのうち客と今すぐ客、聞くのか聞かないのかという振り分けももちろん大事ですが、聞くってなる人にもしっかりとした準備が大事です。

もう本当に解決したい、このままじゃやばいわっていう風になってもらうためには、そこがすごく大事です。

その次です。

じゃあ聞きたいってなった人。

商品説明中の大事なとこなんです。

これは何かと言いますと、あなたが大事。

これ何かというと商品の説明中の大事なポイントは、価値を伝えることです。

しかしながら価値を伝えようとして皆さんどんなことに陥るかという事です。

私の商品どんなにすごい、私の商品どうだっていうのを一生懸命やっている人がめちゃくちゃ多いです。

なぜなら商品の価値伝えないといけないのでしょ。

だからどんなに私の商品が素晴らしいかを伝えないといけない。

個別相談が決まらないのはきっと私の商品の素晴らしさが伝わってないからなのです。

商品の価値が伝わってないですと言ってくる人もすごく多いのです。

ではどうすればいいのか。

価値を伝えるのってそのすごさとか素晴らしさを伝えるのではないの?

個別相談で決まらないのはそこが伝わってないのでは?

そう思う方はもれなくここを変えただけで全員成約しています。

もう10連敗の方とかも結構いらっしゃるのですけど、そこが原因で決まってなかった方はそこを変えたら全員が成約しています。

それにはポイントがあります。

自分の商品こんなにすごいのだよっていう、価値を伝えるではなくて、あなたにとって相手にとってどんないいことがあるのかそれをひたすら伝えていく。

むしろそこだけでいいぐらいの感じです。

このカリキュラムこのステップ1が、お悩みこういうふうにありましたよね、受けるとこんな風に解決して理想の未来にすることにいけるのです。

例えば事例で、過去の私がこういう時にこうしたらこうなった。

もしくは自分の受講者さん、体験した人がこういうふうにお悩みもっていらっしゃった。

ですがここを変えていくとこうなりましたよっていう事例があるのであれば、それも踏まえて言ってあげる。

すべてのカリキュラムにそれがあるとは限りませんが、当てはまるところはすべて言ってあげる。

そのように細かくあなたにとってこのステップ、このカリキュラムはこの特典がお悩みを解決して今の課題解決ってこんな風になれるのですよって言う。

そこをしっかり言ってあげること。

相手にとって

  • なるほど
  • 今の悩みはココで解決してこんな風になれるのね

マンガでいうとポワーン、ポワーンと効果音がなるような所まで行ってあげる。

するともうやりたい、変わりたい、これがほしいというふうになります。

もれなくここを変えました。

私の商品の良さを一生懸命伝えようとしていた方。

11ヶ月売り上げ上がってなかった方。

中には一番多かった18カ月19カ月1年半以上たって、まだ売り上げ上がっていなかった方がそこに変えた途端に売り上げが上がりました。

今のところ私がサポートしているところでそういった原因で上がっていない方、そこに変えたら全員売り上げが上がっています。

あなたにとってどんないいことがありますよっていうふうに変えてください。

武器を持つ

そしてもう一つ最後のポイントですがこれが最後です。

個別相談、説明の後っていうのがありました。

説明の後、何が大事かというと、説明した後にやっておかなきゃいけない、しておかないといけないことがあるのです。

これは何かと言いますと、武器を持つことです。

みなさん素手で戦っている方が多すぎです。

なぜかというと説明した後に

  • やりたいです
  • お願いします

っていうパターンももちろんありますが、

  • すぐ決めないといけないのですか
  • やりたいのだけどお金がない
  • 旦那さんに相談したい

と言われることがあります。

  • お金がない
  • 時間がない
  • 自信がない
  • 後でやる
  • 自分でやる

というのが多いです。

ここに対してなんて答えていいかを知らない場合、そうですかとなってしまいます。

なので、それは事例が過去数ヶ月分が見れるので、7チャレを見て書き起こしをしました。

  • 「今日決めなきゃいけないんですか?」
  • 「ちょっと3日間考えてもいいですか?」

それでそのままお返事がない方がとても多かったんです。

ですがこうやって答えたらいいんだという答えがそこにありました。

たくさんの事例の回答が7チャレの6日目7日目のところに過去数ヶ月分あるのでそれを見てやってください。

武器を持ってください。

武器持っていたら何言われても、「その答えを知っています」という状態になるので、堂々とできるし、準備ができているので個別相談が嫌になりません。

実は私は個別相談入っていても何か言われるのが嫌で、個別相談はすごく気が重かったです。

そういう方いるんじゃないかなと思います。

  • 「ちょっとそれめんどくさいです」
  • 「時間がないです」

と言ってくる人がとても多いです。

これをやってくださいと言うと、皆さん忙しい。

会社経営されてる方とかお勤めしながらこのビジネスをやろうとしている方がとても多いので、「そこに時間が使えない」と言ってくるんですが、ちょっと考えてみてください。

その手間はおそらく数時間で終わります。

7チャレが2時間ぐらいある中で、ロープレー、実践でやってる時間は10分とか20分くらいです。

それを過去何か月分かさかのぼってみたところで、 数時間しかかからないです。

たった2時間使ってそれを書き起こしして、こうやって言われたらこう答えたらいいという武器を持っておく。

それだけで数十万数百万の売上が上がるんだからすごいと思いませんか?

今お仕事をしていて、たった数時間頑張っただけで数十万数百万売上が上がる事はありますか?

めんどくさいと言った経営者の方に聞いてみたんですが、「いやないですね。」「商談に至るまで下手したら数ヶ月お付き合いをして、根回しをして、商談の契約をもらうということもたくさんあります。」とおっしゃってました。

お勤めしてる人で日当や時給に計算したら、たった数時間やっただけでは数百万になることなんてまずないですよね。

でしたらそこ面倒だと思っても、数時間そこに時間使ってみてください。

そこで自分で武器を持ってください。

それをやるだけで成約率変わります。

私は10連敗以上してました。

浅野先生にも

  • 「私もうダメです」
  • 「私が人気ないのかも」
  • 「商品がダメなのかも」

と色々なことを言っていました。

弱音を吐きまくっていました。

でも実際そこでそれをやっただけで、300万円その後決まりました。

ということでそこが面倒だと思った方、たった数時間そこに時間使うだけで変わるんだったらやりませんか?

ここまでのまとめ

じゃあここまでこの3つが個別相談で大事な所になります。

皆さん「聞くだけだと何割かしか入らないよ」「教えて初めて自分のものになるんだよ」ということで最初にやったこと覚えてますか?

目の前の誰か一人に教える、誰か一人決めてくださいと話をしましたが、誰に教えるのか覚えてますか?

じゃあ皆さん目の前の人に教えてあげれるようになるために、1か月後のあなたが売上をあげるためには何をすればいいのかおさらいをしていきましょう。

まずはトレーニング。

1か月後のあなたが売上を上げるためには何をすればよいのでしょうか?

それは

  • 目標を設定する。
  • 優先順位を決める。
  • 期限を決める。

の3つです。

目標を設定したら、優先順位決める。

優先順位を決めるためには逆算式ゴール設定を使って、そして優先順位を決める。

現状を把握することができたら期限を決める。

1週間で売り上げを上げるとまず自分が決めましょう。

その後最短で売上を上げるにはまずは全体像を把握する必要があります。

売上上げるためには集客が必要です。

そして勉強会やっていきます。

集客したら勉強会、そしてその後は個別相談があります。

これをやると覚えておいてください。

では集客の目的は何なのか。

勉強会でしたよね。

集客をして勉強会に来てもらうための大事なポイントは、投稿してコメントがついたら返信をすることです。

そしてその後案内文が大事だよとお伝えしました。

次、勉強会の目的は何だったでしょうか?

それは個別相談に申し込んでもらうことです。

個別相談に申し込んでもらうためのポイントはなんだったでしょうか?

破壊構築強化です。

そして個別相談への案内を言うことが大事なポイントでした。

緊急性、必要性を破壊構築強化して高めてもらって、解決したい!と申し込んでもらうことが大事です。

次個別相談の目的は成約することでした。

では成約するために必要なことは何か?

商品説明の前の準備が大事、そして商品説明中は価値を伝えることが大事という話でした。

そして最後には契約してもらう、そこが説明の後の話で大事だということを言ってきました。

この後が大事なところです。

まず7チャレを自分のものにするのが成功の秘訣だと言いました。

では多くの人がつまずき落とし穴にはまっていて、そこができていないから売り上げが上がってなかった、逆に言うとそこさえ改善したら売り上げが上がっていくというポイントをお伝えしていますね。

集客に大事なこと2つありました。

何だったでしょうか?

まず発想と挑戦が大事でした。

何の発想をするのか?何に挑戦するのか?

たくさん投稿する、これが挑戦ですね。

まずいろんな方法で投稿をする。

自動化に向けてはデカ文字投稿したり、テストマーケティングなど、いろんな反応を見るのが大事です。

勉強会に至っていないのであれば、様々なやり方がありますから、アイデアを出して色々な方法で投稿してみましょう。

こんな風にやると集客できたという事例がすごくに詳しく説明されている動画があります。

実際これでどんどん集客できている人が増えているので、ぜひ参考にしてください。

そして次は「知りたい!」となってもらうことが大事だよとお伝えしました。

そこのために何をすればいいのでしょうか?

それは案内文を魅力的にすることです。

投稿文のパターンはもう動画作ってますが、今度案内文を魅力的にするための動画も作りますから詳しく楽しみにしていてください。

では勉強会に来てくださった方の目的は個別相談に来てもらうことですが、個別相談に来てもらうには何をチェンジしないといけないでしょうか。

破壊構築強化型にすべての説明を変えていくということです。

ここも事例を踏まえた動画を作ります。

私は何をやってる人なのか。

破壊構築強化、

  • 皆さんこんなふうに勘違いされます
  • こういう落とし穴にはまる人多いですよね
  • でも本当はこうなんですよ
  • こんな風にしなきゃいけないですよ

と教えてあげます。

そこで私はこんな風なサポートをしてますよ。

もれなく自分をくっつけていくことで、後で自分のアナウンスがしやすくなる。

ここをつけてくださいねと言っています。

個別相談に申し込んでもらうためには価値づけをしてますか?

何の価値づけをするのでしょうか?

個別相談の価値づけです。

これも動画作っていきます。

そしてこれ最後です。

個別相談のゴールは成約すること。

じゃあ成約することために必要なこと。

まず一つ目、個別相談の説明の前にやらなきゃいけないことがありましたよね。

現実とのギャップ、理想の未来と現状、このままほっといたらどんな嫌なことが起こっちゃう大変なことになっちゃうのかを聞いてもらう、言ってもらうためには、心を開いてもらう必要がある。

だけどそのために多くのスクリプト1~10があるんですが、しっかりと練習することが大事です。

そして説明中は価値を伝えることが大事ですが、商品説明は

  • 「私の商品こんなに凄いんです」
  • 「こんなに素晴らしいんですよ」

ではなく

  • 「あなたにとってどんないいことがあるのか」
  • 「どうやってこのカリキュラムで問題が解決するのか」

をできれば事例を入れながら丁寧にお伝えしましょう。

最後に個別説明に商品説明が終わった後の必要なこと武器を持つことです。

クロージングで契約を結んでいかないといけないので、契約を結んでいくためには何を言われても答えられる準備をしておくことが必要でした。

「お金が」「時間が」「旦那さんに相談します」「決められません」「他の塾に入ったばっかりです」など言われたときに何て言えばいいのか。

どうやったら相手の問題を今すぐ解決させてあげることができるのかというためのトークです。

対象を絞る

そしてもう一つ。

おまけがあります。

行動サポートしていて、もう何も動けませんという方が一定数いらっしゃいます。

私の職業は必要性緊急性がないんですよと言ってくる人がいます。

  • 「私の商品はダイエットなんでとか美しくすることなので、今すぐできなくても痩せなくても困らないんですよね」
  • 「私が教えているのはお花なので必要性緊急性ないんです」
  • 「ビジネスじゃないから」
  • 「お金を稼ぐ方法じゃないから」

という方がいらっしゃるんです。

解決策は簡単です。

対象を絞ることです。

対象絞るって何をやればいいか。

ダイエットの方だったら、もうすぐクリスマスですけどクリスマスまでに彼氏がほしい方がいっぱいいますよね。

じゃあその方にとってはもうクリスマスまであと20日しかないです。

20日の内に痩せないと困るんだよ。

そういう方にとっては超緊急です。

「来月私結婚式なんです」という方にとっては痩せるというのは緊急のことです。

対象を絞ることによって緊急性必要性は出てきます。

なので7チャレの1日目に「対象を絞る」ということをやってるんです。

なのでそこをしっかりしていくことで、自分の業界で考えずに相手を絞っていくことで、解決していく。

実際そのお悩みを言ってた方が、プレコンサルでそこを解決して、その次の日に投稿したことで勉強会の申し込みが入りました。

一つずつ問題を解決していけば、しっかり7日間で売上上がるところまでいきますので、皆さんしっかり復習してください。

この動画は『Zoom集客®︎の学校』の方にはアップしますので、楽しみにしていてください。

一個一個ステップをお話しされてるので、

  • 自分は今どこのステップいるのか
  • 最初の集客の段階なのか
  • 勉強会やってる段階か
  • 個別相談会の段階か

それぞれの自分の段階を一個一個明確にしてやってみましょう。

知識2割、経験8割

泳げない人が泳げるようになる時に、例えば知識で平泳ぎはこう泳ぐんだよと習っても、海落ちたら溺れてしまいますよね。

深い海に落ちた時に泳げない子と泳げる子がいて、身についてない子は一生懸命がむしゃらにやっても溺れます。

泳げる子は身についてるものなので、ほとんど無意識に泳いでます。

集客、セールスもまるっきり同じなんです。

今日知識は学べました。

でももう一つ要素があります。

何でしょうか?

経験しないとできるようにならないです。

知識2割です。

経験8割です。

どうしたらいいか。

行動サポートつけてみてください。

ではその行動サポートはどうしたらつけられるか。

7日間チャレンジに出て、1個でもいいから宿題を出してください。

行動サポートはZoom集客の学校の方は付けて下さい。

ユキちゃんみたいな方が1000万円とかあげていて、あなたのどこが今詰まっているかをアドバイスしてくれます。

本気で皆さんに売り上げを上げてほしいからやってるんです。

いろんな先輩たちがいます。

同じ話で売り上げが上がってる人をいろんな角度から聞けるんです。

  • 女性のカウンセラーから
  • ラジオのパーソナリティのゆきさんから
  • 子育てママから
  • 営業のバリバリの10億円とか上げてる人から

色々な方から聞くことができます。

自分に合う合わないあるので、どんどんやっていって頂ければと思います。

環境が大切

最後に、頭でわかることとできることは全然違います。

私は環境が大切だと思うんです。

28年前独立して営業していた時、リアルのセミナーに行って、私は売上あがらなかったんです。

色々な研修に行きました。

だけどその時売上はあがりませんでした。

250人の営業部がある、営業のプロの朝礼に出た時に売り上げがあがったんです。

ノミの話は聞いたことありますか?

飛べないノミの話です。

ノミは自分の体の15倍20倍30倍飛ぶらしいです。

そのノミを例えばこのペットボトルを入れて、ノミがバンバンジャンプしていると頭をぶつけるわけです。

1週間して出すとこれ以上飛べなくなるんです。

それでは、この飛べなくなったノミをもう一度元のノミのようにするにはどうすればいいのでしょうか。

飛べなくなったノミを、飛んでるノミがいっぱいいる環境に入れるんです。

ガンガン飛んでるノミの中に入ると、だんだん飛べるようになります。

あなたより先に入って、売り上げ100万円、300万円、1000万円、10億円が上がっている人がいっぱいます。

2年目で1,000万円超え51名、一億円超え12名います。

ものすごい数が増えてます。

そういう中で一緒にやるのは、行動サポートが一番いいです。

 

_________________

集客できすぎるので限定7名です!

あなたに合う集客方法は1つではない

突然、集客が楽になった方法

受講費1万円 → 無料

突然、集客が楽になった方法を大公開!

→ 無料セミナー体験会&相談会はこちらから!

___________________

突然、集客が楽になる

実践した145名がゼロから実践し、145名全員売上が上がった!

再現性100%の「集客法」

この『3つの大原則』がこちらのセミナーで学べます。

これらの大原則を知り、正しく実践するだけで、

【誰でも】売上げが上がり、

望む収入が手に入れられる!

今なら無料セミナー体験会はこちら

▼ ▼ ▼ ▼