今回は、Zoomでミーティングをスケジュールする方法についてお話します。

そもそも、Zoomを主催する時、ミーティングをスケジュールする時は、ZoomミーティングIDが必要となります。

ミーティングIDというのは、会議室の番号のことを指します。

Zoomのアカウントをもっている人には、IDが与えられ、このミーティングIDを使うことで、Zoomミーティングを開催することができます。

このミーティングIDは、Zoomのアカウントを取得する際、一人ひとりに割り当てられる10桁もしくは11桁の番号です。

ミーティングをスケジュールする前に、まずはアカウントを作成しましょう。

ミーティングを開くためにはアカウントが必要

先ほどお伝えしたように、ミーティングを開催するためにはアカウントを作成する必要があります。

アカウントの作成については以下の記事をご参照下さい。

Zoomにサインアップして、新規でアカウントを作る方法

ミーティングの種類

Zoomミーティングは大きく分けて2種類あります。

それは「インスタントミーティング」「スケジューリングミーティング」の2種類です。

インスタントミーティングとは、

すぐに開催したい時に開くミーティングです。

スケジューリングミーティングとは

日時を決めて開催したい時に開くミーティングです。

ミーティングを開く時の注意点

アカウントを作ることはできたでしょうか?

次にミーティングを開いていくのですが、ミーティングを開く時に注意した方が良いのは、

  • パーソナルミーティングを使わないと言うこと
  • アカウントを複数持っている時に、無料アカウントか有料アカウントのどちらか確認すること

です。

「パーソナルミーティングID」を使用しない理由とは?

パーソナルミーティングIDを使用した部屋は、24時間いつでも空いていて、

番号を知っていれば、いつでも誰でも出入りすることができます。

同じ番号でいつでも入れるのに、何故使わない方がいいのでしょうか?

それは、使い分けができない部屋だからです。

つまり、パーソナルミーテイングIDを知っている人であれば誰でも入ることが出来ます。

あなたが、何か大切な話をしている時に、突如誰かが入ってくることもあり得るのです。

ちなみに、パーソナルミーテイングIDは、設定(https://us02web.zoom.us/profile)から変更することが可能です。

アカウントの種類に注意

「無料アカウント」と「有料アカウント」では、使用時間や使える機能に差があります。

一番の問題は、無料アカウントでは複数の参加者がいる時は40分しか使えないと言うことです。

長く話すつもりが、無料アカウントで設定してしまったために話せなくなった。なんてことになったら目も当てられないですよね。

しっかりと、無料アカウントなのか、有料アカウントなのかを確認しましょう。

アカウントの違いについてはこちらの記事をご参照下さい。

『Zoom「無料」「有料」アカウントの違い』2021年版Zoom使い方⑥(在宅ワークWEB会議システム)

ミーティングを開催する

さて、ここまでは、ミーティングを開催する時の準備や注意点について、お話ししてきました。

ここからは、実際にミーティングを開催する手順についてお話ししていきます。

すぐに開く場合

あなたが、すぐにZoomミーティングを開催したい時は

起動画面の「新規ミーティング」をクリックすれば開けます。

これだけで、ミーティングを開催することが出来ます。

ミーティングをスケジュールする

また、○月○日○時から開きたいという時もあるかと思います。

そのような時も、Zoomでは事前にミーティングをスケジュールする事ができます。

  1. 起動画面のスケジュールをクリック
  2. スケジュールをクリックすると以下のような画面が出てくるので、それぞれ設定していきましょう。

特に、パスコードや待機室の設定によっては、参加者がすぐに入ることができない、なんてこともあるので気をつけましょう。

パスコード、待機室の設定についてはこちらをご参照下さい。

>>>【緊急】Zoomに入室できない!パスワードの強化!【すぐできる解決法】2021年版Zoom使い方⑩(在宅ワークWEB会議システム)

>>>Zoom更新に伴う「上手な新セキュリティの設定方法」2021年版Zoom使い方⑭(在宅ワークWEB会議システム)

設定を決めて「保存」をすることで、ミーティングのスケジュールは完了です。

まとめ

いかがでしょうか?

今日はミーティングをスケジュールする方法についてお話し致しました。

Zoomでミーティングを開くことができるようになると、

世界中の人と会話をすることができるようになります。

どんどん、ミーティングを開いて人と繋がっていきましょう!