Zoomで同じ URL を使って毎回会議をやる場合 ・個別セッション・コンサルティングを同じ人とやる場合、同じURL(同じリンク)を使ってやりたいという要望があります。

その場合どうしたらいいか教えてもらうことはできますか?

同じURLでZoom会議を行う方法

同じ URL を使いたい場合はパソコンでその URL を発行するのが一番いいです。

アカウントを取るとZoomアカウントの画面が出ます。

「スケジュール」というボタンをクリックします。

これは、Zoomの使いまわしできるURLを作るための工程です。

「トピック」ということろに同じURLを使いたい部屋の名前を決めます。

今回は、仮で「ミーティング」と入力しました。

ここから、上から4つの工程を行います。

① 「定期的なミーティング」というところにチェックを入れます。

② 「ホストより前の参加を有効にする」というところにチェックを入れてください 。

   これを入れておくとホストが参加してなくても参加者は部屋に入れます。

③ 「他のカレンダーに」チェックをいれます。

④ 「スケジュール」を押します。

下記が定期的に同じ部屋を使うことができるURLです。

URLを取り出すときは、一番下に4つにある中の「ミーティング」というボタンを押してください。

「ミーティング」を押すと次の画面が表示されます。

「定期的・ミーティング」という項目が表示され、開始ボタンを押すとZoomが立ち上がりその部屋は開かれ始まります。

「コピー」を押すと長い文章が全てコピーされている状態になりますので、 メモ帳等に貼り付けをして先程の URL の部分だけ使いまわしします。

単発で行う場合の部屋の作り方

同じURLを使う部屋は先程の「スケジュール」という方法で作るのですが、単発で行う、または1度だけしか使わない場合は下記の画面に通常であれば「ビデオ有りで開始」「ビデオなしで開始」というボタンが出てきます。

(以下の写真では、Zoomを使っているためそのボタンは出ていません)

部屋を作る場合は「ビデオあり」「ビデオなし」どちらかを押すことで単発の部屋ができます。

単発の時はこの方法が良いです。

いつもと同じURLを使うと、以前セッションを行なった方が間違えて入ってくる場合があります。

ホストがいない場合でも会議を始める方法

定期的なミーティングで主催者が会議に遅れてしまう場合や、A・B・Cという参加者がいたらその人達だけで会議をはじめることもできるのですか?

「ホストより前の参加を有効にする」にチェックを入れてあると、ホストがいない場合でも他の人も会議室に入ることができる便利な機能です。

朝ミーティングでホストが寝坊した時も残りの人でミーティングをすることができます。

 

★2020年度版のZoomの使い方記事ができました!!

>>『Zoom(テレワークWEB会議システム)への招待方法』2020年版Zoom使い方②(在宅ワークWEB会議システム)

 

◼︎こちらの記事もおすすめです

>>【Zoom集客満席法3ステップ|初心者でもわかりやすい使い方・集客方法・始め方

>>【ZOOMのPC・スマホでの使い方【初心者から、ビジネス利用の応用まとめ】