Zoomでミーティングを主催するためには、サインアップをして、ご自分のアカウントを作る必要があります。

この記事が

Zoomを使ったことが無い方、もしくはサインアップって何?という方

の参考になれば幸いです。

サインアップとは?

Zoomの使い方を調べていると、サインインとサインアップという言葉がでてきて、混乱している方もいるのでは無いでしょうか?

サインアップというのは新規登録のことです。

Zoomアプリをダウンロードしただけでは、Zoomミーティングを主催することは出来ません。

サインアップ(新規登録)をして、IDの発行をしてもらいましょう。

サインインというのはログインとほぼ同じ意味です。

Zoomを利用する際に、Zoomに認証してもらい、サービスを使えるようにすることです。

その認証の際に、IDやパスワードが求められます。

つまり、サインアップ(新規登録)して、メールアドレスやパスワードを登録して、

登録したアドレスやパスワードを使ってサインイン(ログイン)するという流れです。

Zoomでサインアップする方法

では、具体的な方法をお伝えしていきます。

Zoomのトップページへ行く

サインアップをする際には、まず「ヤフーの検索エンジン」もしくは「 Google 検索検索エンジン」に「Zoom」と入力してみてください。URLのところに「 zoom.us」 と書かれているものが公式サイトです。

右上のオレンジ色の「サインアップ」をクリックします。

***最初にサイトを日本語表記に変えると分かりやすいです。

Zoomの公式サイトは英語で表記されている場合もありますので

この場合はサイトの一番下の部分にある「言語」というところを「日本語」に変えてください。

メールアドレスを登録

ホームページに行き、「サインアップ」をクリックすると、

以下の様に「生年月日」を入力する画面になるので、生年月日を入力しましょう

生年月日を入力すると、次はメールアドレスを入力します。

メールアドレスを入力して「サインアップ」をクリックすると、Zoomからメールが届きます。

個人情報の登録

あなたが登録したメールアドレスにメールは届いているでしょうか?

届いたメールを開くと以下の様な画面が出るはずです。

(以下は、Gmailでの受信です)

赤枠の「アカウントをアクティベート」をクリックしましょう。

「アカウントをアクティベート」をクリックすると、「名前」や「パスワード」を入力する画面になるので、入力していきましょう。

赤枠で囲んだ部分について、疑問に思われる方もいるかと思います。

英語表記では、

<Are you signing up on behalf of a primary or secondary (K-12) institution?>

という記載で、

要は、「学校の関係者ですか?」ということです。

「いいえ」または「NO」を選べば問題ありません。

詳しくはこちらをご参照下さい

Zoomに招待する

他の人をZoomに招待する画面になりますが、

特に招待したい人がいなかったら、何もしなくて大丈夫です。

設定すること無く、「手順をスキップ」しましょう。

さあ!ミーティングを始めましょう!

氏名、パスワードを入力して、「続ける」をクリックしましょう。

「テストミーティングを開始」とでてきます。

「Zoomミーティングを今すぐ開始」をクリックすると、Zoomミーティングを開始することができます。

また、「マイアカウント」をクリックすることで、アカウントの設定をすることができます。

まとめ

今日は、Zoomのサインアップについてお話しました。

まとめると、

  1. ZoomのHPにいき、「サインアップ」を選択
  2. メールアドレスを入力
  3. 必要項目の入力を行う

これだけでサインアップは完了、アカウントが取得できます。

パソコンに慣れている方だったら5分もあればできるので、ぜひ挑戦してみてください。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

こちらの記事もおすすめです

>>【Zoom集客®満席法3ステップ|初心者でもわかりやすい使い方・集客方法・始め方

>>【ZOOMのPC・スマホでの使い方【初心者から、ビジネス利用の応用まとめ】