集客したいけど、良いアイデアが見つからない…
そんな状態から

Zoomを使って、毎月安定して売り上げが
700万、800万、1000万、1800万、3000万円と
どんどん上がっていきました!

スクール経営 オンラインセールスプロデューサー 上田聖也さん 福岡県40代


受講前は、どんなことで悩んでいましたか?

18年間、社会人向けのビジネススクールを経営していました。

いちばんの悩みは集客方法でした。

リアルセミナーの集客方法は、
口コミや新聞広告などです。

集客の数字が良いときは良いけれど
数字がすべったときに打つ手がない…

アイデアや、手持ちの武器というものが
なかったんですね。

集客のための施策を打つアイデアがないことと、

アイデアがあっても
それを実行するところが難しく、
辛かったなと思います。

受講後、どんな成果がありましたか?

1〜3ヶ月でZoom集客の段取りや、
やり方を覚えつつ、
月に500万~600万円の売り上げが
上がっていきました。

やっていくなかで自信が生まれて、
確信が持てるようになりましたね。

その後、毎月安定して売り上げが
700万、800万、1000万、1800万、3000万円と
どんどん上がっていきました。

月ごとの伸び率は、

毎月平均して130%くらいあったんじゃないかな。

現在は、月3000万円前後で推移していると思います。

『Zoom集客満席法』は他の講座やコンサルと比べて
どんな違いがありますか?

集客に関していうと、
Zoom会議室を使うので
セミナー会場を予約したり、
借りたりすることはありません。

ですから、会場の空きを確認したり、
スケジュールを調整する必要もありません。

 

また、紙ベースで広告を出すときの
手間暇がなくなりましたね。

例えば、広告用に集客のチラシ一つ作るのでも
「ラフを作ってきてください」となった場合、
色味があるので、試し印刷するわけですね。

すると自社プリンターの印刷と、
専門業者に出したものでは若干色味が違う。

例えば、表4色、裏2色の色味の確認は、
実際に確認しなくてはなりません。

リアルでの打ち合わせが必要になるのです。

となると、今度は業者との
打ち合わせのスケジュールの

日程をきめなければなりません。

「次はいつにしましょう?」
という調整も必要になります。

こうなると打ち合わせだけで、
午前中に2件は入れればいいな、
という感じになります。

多くの仕事がさばけないですよね。

私の場合は、取引先の業者の方に
会社に来てもらうことが
多かったのですが…

それでも、取引先の会社に行くこともありました。

移動などで、多くの時間がとられていました。

ところが『Zoom集客満席法』を
学んだおかげで、

移動時間、準備時間のムダがなくなり、
セミナー会場費もかからなくなったのです。

今までかけていたムダなお金と、
手間暇がなくなることが
大きなメリットだと思います。

Zoomを使った経営やフリーランスの組織化について
どう思われますか?

会社員ですと、組織、雇用といった
上下関係が決まっていますし、
仕事があってもなくても、
会社に拘束されていくと思います。

でも、Zoomを使った経営なら
プロジェクトごとに動けるのです。

しかも、場所を選ばないZoomなら、
アイデアを出す時間、ミーティングの時間など、
アポイントの時間だけ分かっていればいいのです。

さらに、メールのようにタイムラグがありません。

リアルタイムで話ができるので、
どこにいても、いつでも準備ができます。

しかも、対面と同じように画面で直接顔を見て
お話できるのです。

仕事の質としては、すごく高いのではないかと思います。

Zoomのようなオンラインの通信ツールは、
たぶん他にも世の中にいっぱいあると思うんです。

リアルタイムではっきり声が聞こえて、
映像が見られれば、こと足りますから、、、。

でも、大事なことはそのツールを使って
「何をするのか」だと思うんです。

友だち同士で30分Zoomで話すレベルと、
専門家の方々と30分Zoomで話すのでは、
全然、結果が違うと思います。

今までの会えなかった方々とも、
移動時間がないので、Zoomを使えば、
簡単に、無料で会えるのです。

その回数が増えれば、

チャンスをものにできる確率も
上がりますよね。

それから、個別セッションやコンサルで、
自宅にいてもすぐに
いろんな専門家の方と出会えることで、
自分も高まるし、相手も高まります。

それがビジョンをともにする相手であれば、
更に相乗効果を発揮するのではないかと思います。

『Zoom集客満席法』は
どんな方におすすめだと思いますか?

コーチ、コンサル、カウンセラー
スクール経営者、税理士、弁護士、社労士など、
個人や法人でも、ほとんど対応できるのです。

『Zoom集客満席法』は、
B to BよりB to Cのほうが
フレキシブルに動けます。

※「B to B」は企業間取引、
「B to C」は企業対消費者取引のことを指します。

Bはbusiness(法人顧客=企業)、
Cはcustomer(個人顧客=消費者)の略です。

それは、とてつもない革命的なことだと感じています。

『Zoom集客満席法』は、
各専門のスペシャリストが集まって目標をたて
全員で協力しながら進んでいく体勢が整っています。

そんな中で、自分ができないところが分かっていれば
助けてくれる人たちが世の中にいっぱいます。

自分がすべてをやるのではなくて、
できないことを分かっていながら、
それを埋めていく…
そうしたチーム作りですね。

それはチームメンバーも同じことだと思うのです。

『Zoom集客満席法』なら
お互いの強みを生かしながら
世の中に貢献していくことができる。

しかも、自宅にいながら、素早く集客できて、
売り上げが上がりやすい仕組みを持っている。

簡単にいうと、
Zoom集客満席法』は
Zoomを使うことで!素早くチームができて

「あなたが望んだ結果を!みんなで組み立てちゃいましょう!」

ということが、すぐにできます。

望んだ結果をお望みの方は
すぐに取り組んだほうがいいと思います。